小田原の家(2007 見えない空気と熱がデザインされた小さなエコハウス)
b0014003_1739951.jpg
b0014003_17392455.jpgb0014003_17393991.jpg


■ 3人家族のための4間角の小さな家。
 シンプルな暮らしがしたいという住まい手の要望に、
 4間角の中に必要な物だけをまとめました。

 東側の道路から距離をとって配置し、大きなデッキを介して道路(町)へと開く。
 町との間には塀も門扉も設けず、必要なだけの植栽でプライバシーを守る。
 外に開きつつもお互いがほどよい関係で存在できる配置を模索してみました。
  
 控えめな佇まいを心がけ、
 敷地周辺に点在する、古き良き物たちの存在に解け込むような、
 単純な民家になればいい・・・。
 キッチン横の勝手口からアプローチする外物置は、
 室内のシンプルな暮らしのための「外の納戸」であり、
 住まいのバックヤードとして活躍します。


b0014003_1740754.jpg
b0014003_17585211.jpgb0014003_1759683.jpg


■外部の仕上げは火山灰を主成分とした左官仕上げ、
 内部も同じく火山灰を主成分とした自然素材100%の塗装材・・・。
 調湿、消臭効果に優れています。

 床は三陸の赤松,構造材は含水率とヤング係数が性能表示された紀州の杉を使用、
 断熱材はセルロースファイバーを吹き込んでいます。
 
素材の性能とテイストが生きた空間は素朴で清々しく,おおらか・・・。
2間幅のフルオープンできる木製サッシュが外と内を繋げ、
より、大らかで伸びやかな暮らしを可能としています。


b0014003_18035.jpg
b0014003_1802487.jpg


■空気集熱型のソーラーシステム(OMソーラー)をひと工夫して取り入れています。
2階の寝室の床下までOMの空気を廻るしています。
見えない空気と熱を独自にデザインしているからこそ、
このおおらかな空間は成り立っていると思います。

この家は省エネ率74%、CO2の年間吸収率は杉の木168本分に相当します。
 おおらかで楽しい暮らしがエコにつながればいい。


b0014003_181041.jpgb0014003_1804728.jpg
b0014003_183673.jpg
b0014003_183333.jpgb0014003_1834778.jpg



■浴室はオリジナルのハーフユニットバス。
 木製の引き戸を可能にし、床下にソーラーの温風を吹き込み、
 床暖房を可能としています。

 雨樋も石油製品でないガルバリウム鋼板のオリジナル・・・
(タニタハウジングウエアより発売中)。
 
 シンプルに、、、とはいえ、
 既製品で済ませるのではなく、必要な物はメーカーとともに開発し、
 設計に取り入れていく事を心がけています。

 斬新で目につくデザインでなく、控えめで簡素でありながらも、
 どこか品のある佇まいを心がけているのですが・・・
やっぱり、住まい手のおおらかさが必要です(笑)

設計:伊礼智設計室(伊礼智 一場由美)
施工:安池建設


b0014003_18363673.jpgb0014003_18365097.jpg



下の写真は竣工後1年を経過したものです。
程よく木もやけて、落ち着いた風合いとなりました。
天気が曇っていた事もありますが、オープンハウス時と比べてみると
面白いですね。


b0014003_9545648.jpgb0014003_9551595.jpg
b0014003_9553452.jpg
b0014003_9555225.jpg
「REAL」 VOL3
by satoshi_irei | 2007-06-21 18:17 | ・小田原の家 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/7004418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2007-06-21 22:35
解放的な明るいリビングは、広さを感じさせますね。
どこかで見たことがあるような・・・がいくつも重なっていますね。
これが完成度の高さの証でしょうか。
2階のホール手摺壁の納まり、巨匠の風格です。
Commented by ame-no-michi at 2007-06-22 00:51
先日の見学会とは随分違う印象ですね。
やはり外観は晴れている時の方が良さそうです(笑)。
ダイニングテーブルに椅子も入りましたね。


<< 現地調査 事務所の暑さ対策 >>