「ヤマヒロサブレ」完成する!!
b0014003_13435116.jpg

土曜日はヤマヒロの舞多聞モデルハウスにて設計セミナー。
(小林さん、門に耳入れておいたよ)

申し込み27人と大勢の方にお越しいただきました。
ところが、セミナーが始まったとたん、パソコンとモニターの接続がおかしくなり
結局、ノートパソコンの画面を見て頂くという、
何とも情けない状況になってしまいました(笑)。
いらして頂いた方々には大変、ご迷惑をおかけ致しました。

その日のセミナーは3部構成(笑)。
僕の話の後、手料理と冷たい飲み物を頂いてくつろぎ、
暗くなったら蛍を楽しもうという構成。

上の写真は営業の森田さん(以下、おっちゃんと呼ぶ)が、
料理を一手に引き受けてつくっているところ。
唐揚げ、エビチリ、麻婆豆腐、鰹のタタキ、、、おっちゃんの料理はプロ並みです。
(僕もゴーヤーチャンプルーつくらされるはめに、、、)


b0014003_13447100.jpg

さて、参加者のひとり、、、足立さんがついに「ヤマヒロサブレ」を完成され
お披露目となりました。
すばらしい、、、、家の横にしそう杉がついています。

ヤマヒロのロゴに基づいてつくったようです。
たまたま、最初の「小屋サブレ」の小屋(家の部分)が
ヤマヒロのロゴと偶然にも瓜二つだった、、、、これも運命でしょう。
是非、ヤマヒロと提携して、オリジナルのヤマヒログッツにして頂きたい(笑)。

その日は工作員に蛍のお土産をいただいて、最終の「のぞみ」で帰りました。
夜中、ひとりで蛍を楽しみました(笑)
朝、蛍を見た工作員とネコの黒ちゃんがとても喜んでいました。
ありがとうございました。

次回のセミナーは7月7日。
ヤマヒロはこれまでの伝統を引き継いで、若い世代へと変わろうとしています。
セミナーも自分たちが楽しんでそれが参加者に伝わり、
いいコミュニケーションがとれていると思います。

さて、今度のセミナー、、、、どんな料理が出てくるか楽しみです(笑)。
by satoshi_irei | 2007-06-17 13:59 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/6987976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by adachi at 2007-06-17 20:20 x
夜遅くまで ありがとうございました。
今回いろいろな方とお話し、
ヤマヒロの皆様の団結力と住まいへの意気込み
を感じました。
サブレ 喜んでいただき光栄です。
伊礼さんのも考えないと・・・ですね。(^ー^)


 
Commented by こばやし at 2007-06-17 22:50 x
伊礼先生それとヤマヒロサブレを作っていただいた足立さん、
ありがとうございました。この場をおかりしてお礼申し上げます。
セミナーも回を追う毎に参加いただける人数も増え、
こちらとしても仕事を忘れて、一緒に楽しませてもらっています。
次回もお楽しみ企画を考えておりますが、あくまでも伊礼先生の
「住まいの講座」がメインですので・・・。
伊礼先生。
今回は「多聞(たもん)」OKです。
Commented by みわたり at 2007-06-18 13:38 x
いやいや。本当に有り難うございます。
ほんとに楽しい時間でした。お客様方にも、夜の木の家ってほんとに
気持ち言いことがよくわかっていただけたと思います。
おかげさまで楽しくていい設営が出来たのではないかと思います。
ところで足立さん。ほんとに感動しました。ヤマヒロサブレ。
うちの親父も顔が『にんまり』してました。今後とも宜しくお願いします!
Commented by satoshi_irei at 2007-06-18 20:52
足立さん
お会いできてうれしいです。
将来の小さな、「小屋サブレーみたいな小さな家」も
お引き受け致しました(笑)。
イレイサブレはやっぱり、ゴーヤーになるのでしょうか(笑)?

Commented by satoshi_irei at 2007-06-18 20:57
小林さん
酔ってはいても「耳を入れる」という事は覚えています(笑)。
次回はともかく、最終回は、
もっと参加者に手を動かしてもらう事をやりましょうか?
それも面白いかも知れませんね。
Commented by satoshi_irei at 2007-06-18 21:11
三渡さん
オヤジさんがにんまり、、、というのはうれしいですね。
工務店をやめて、サブレ業界に参入もいいかも知れません(笑)。


<< 路上採取  工作員しか入れない場所 那珂湊の家 上棟式 >>