進行中の仕事
変形敷地の中で景色のいいところに開いた住まい。
2つの軸の触れ具合がそのまま空間に表れます。
「桜見の家」や「小田原の家」(施工中)、「小さな5角形の家」の延長線上にある家とも言えます。
変形はしていますが、狭小変形敷地に無理なくフィットしたのではないか?。


b0014003_18394926.jpgb0014003_18401346.jpg


設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:相羽建設
場所:練馬区石神井台
by satoshi_irei | 2007-03-30 18:48 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/6669813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2007-03-31 01:18
まだ計画中なのにもう施工者が決まっている・・・。
ちょっと難しそうな仕事ですね!
俄然ファイトが沸いてきます。
お手柔らかにお願いします。(笑)
Commented by omlife at 2007-03-31 01:24
模型で見るだけで既に美しいと感じます。
完成見学会を楽しみにしています。
Commented by satoshi_irei at 2007-03-31 09:33
omlifeさんの住まいも敷地を見に行った帰りに
電車の中で当たりを付け(笑)・・・ちょっと熟成させた後に
すでに詰めに入っています(お楽しみに)。
敷地が良かったですね。

Commented by satoshi_irei at 2007-03-31 09:34
迎川さん
スタートの頃で誰と家づくりをするか、
チームを決めているというのが東京町家らしいですね。
他の工務店でもいいのですが(笑)。


<< 東京町家・八広の家 オープンハ... 4月4日の読売新聞 >>