調布の家 事務所検査
b0014003_1635583.jpgb0014003_164936.jpg
調布の家の事務所検査を終えました。
調布の家はご高齢のご両親に、お孫さんが同居するというお話で設計が進められました。
南側に吹き抜けた4帖半のお茶の間がある小さな家です。
外壁はガルバのブラウン、室内は薩摩中霧島壁(火山灰)・・・天井は月桃紙張り。
今回も階段の所に白華(はっか)が出ました。自然素材で100点取るのはむずかしい・・・。

今回の家づくりの大きな目玉は、施主(息子さん)が建具工事を行っています。
建具屋さんなのです。
僕の設計は初めてなので勝手が違い、何度も事務所にお電話をいただき、
確認しながら進めていただきました。
結果は・・・・いい出来です(笑)。
ただ・・・今日の事務所検査に間に合わず、いくつも仕事が残っていました(笑)。

OMソーラー効きも良く、ご両親のための可愛い家ができたと思います。
今回は時間の都合とちょっと不便な所ということもあって、
オープンハウスは行わない予定です。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 梅田冴子)
施工:相羽建設(監督 和田宏康)
by satoshi_irei | 2006-12-01 16:16 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/6126370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2006-12-01 17:30
見学会ができないなら、写真で詳細に紹介しなくてはいけませんね!(笑)
Net de 見学会?
Commented by satoshi_irei at 2006-12-01 17:53
施主の建具工事が間に合うといいのですが(笑)


<< 国領の家 植栽工事終わる。 目白の家 足場取れる >>