OM ソーラーハウス・港南台の家
b0014003_15501969.jpgb0014003_1623579.jpg
b0014003_15504764.jpg
薩摩中霧島壁でお馴染み、高千穂さんの
「立て替えプロジェクト」港南台の家を見てきました。
プロジェクトの性格上、地域限定型の見学会ということで
いつものオープンハウスはできませんでした。

高千穂らしい住まいと言えるのではないでしょうか。
外壁はもちろん「そとん壁」、内壁にいつもの消臭・調湿効果に優れた「薩摩中霧島壁」・・・。
今回は床や一部の壁にシラスの山で育った杉・・・「薩摩鉄杉」を使用しています。
昔から地元では土台に使用し、シロアリに強いとのこと。
黒っぽい色合いが男らしい。

ちょうど、学園東町の家と同時期に設計し、同じにお披露目・・・。
設計条件も似たところがあり、姉妹住宅のようなものです。
早々と住まい手が決まってくれるといいですね。
ペンダントの高さを調整していただいて引き渡しとなります。

玄関脇にディスプレイされていた里山の水景が大変気に入り、
ひとつ注文してきました。
事務所のメダカもいい環境で泳げることでしょう。

設計:伊礼智設計室
施工:高千穂
by satoshi_irei | 2006-10-01 16:24 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/5788046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yurakuan at 2006-10-01 21:57
光と影のコントラスト・・・・これを演出しているのがシラスの壁ですね。
シラスの里に住んでいる者として、役に立っているの嬉しい。
それと「里山の水景」は、気になる商品です。
Commented by tokyomachiya at 2006-10-02 00:56
ほんと、右上の写真は小平・学園東町の家かと間違えそうです。
う~ん、ペンダント高すぎるね!
こちらの階段はストリップだったんですね。
Commented by satoshi_irei at 2006-10-02 08:57
yurakuanさん、
高千穂の社長は宮崎の出身です。
故郷の素材に強い愛着を持っていたことで
100%自然素材の塗り壁の先駆けとなりました・・・
3年掛かったようですが・・・。
Commented by satoshi_irei at 2006-10-02 08:59
迎川さん、こちらの家がひと回り大きいこと、
車いす対応です。
吹き抜けが丸ごと2階の書斎に繋がります。

Commented by tanaka-kinoie at 2006-10-02 11:13
「里山の水景」は以前から興味がありました。
今度見せて下さい。
Commented by satoshi_irei at 2006-10-02 13:49
田中さん、水の取り替えが念1回で済む・・・というのも魅力的です。
月1回でも十分助かります(笑)。
Commented by 高千穂・青木 at 2006-10-03 09:26 x
シラス壁(そして里山の水景も、ですが)のメーカー高千穂です。いつもご紹介いただきありがとうございます。取り急ぎお礼と思い、コメントを残させていただきました。サトスイ、近くお送りさせていただきます♪
Commented by SATOSHI_IREI at 2006-10-03 09:36
青木さん、
「サトスイ」と呼ぶのですか(笑)。
OMソーラーの家にはもれなく「サトスイ」が付いているといいでしょうね。
Commented by positive55 at 2006-10-03 22:44
欲しい・・・(笑)


<< 俵屋の不思議  「霞の間」 東京町家・小平、学園東の家・・... >>