目白の家・上棟
目白の家の上棟式。
何しろ、事務所から徒歩4分くらいのところなんです。

今日も途中で事務所を抜け出して見てきました。
なかなかいい・・・タッパが低くて(北側斜線が厳しい)
とても感じがいい。
開口の開け方も間違いはなかった。

式では創建舎お得意の施主自らのボルト閉めの儀式。
今回は手が込んでいて、
「実はこの現場に重大な問題がありまして・・・・」と始まり
閉めてないボルトを施主自ら締めていただくという段取り・・・進化していますね(笑)

施主も負けてはいません。
用意された脚立から、わざと足を踏み外すわ、コンパネに頭をぶつけてみせるわ・・・
楽しい上棟式でした。

このノリで完成までいって、完成後もこのノリで暮らしていただきたいものです(笑)
いい家づくりとはそんな感じがします。


b0014003_2055738.jpgb0014003_20552083.jpg
b0014003_20553324.jpg
設計:伊礼智設計室(伊礼智 一場由美)
施工:創建舎(監督 橘泰一さん  大工 上井戸さん)





小平・学園東町の家 オープンハウス

平屋のような、2階建てのような・・・4間角の小さな家です。
外壁は「そとん壁」の書き落とし、内壁は「薩摩中霧島壁」、天井を「月桃紙」と
定番の素材で仕上げています。

小さな廻れる動線、小さなルーフテラス、小さな吹き抜けと、
フルオープンできる木製引き込み戸など,
小さな家でありながら広々住める,いつもの工夫がご覧いただけます。
決して目新しいことはしていないのですが
4間角の単純な空間(ボリューム)の中での可能性が
再認識できたように思います。

外構・植栽は完成していませんがお時間ございましたら
是非、いらしていただきたいと思います。
*オリジナルのハーフユニットバスとガルバの雨樋もご覧いただけます。
*木曽三岳の家具も入ってますよ。

見学希望の方は03−3565−7344までFAXをいただければ
折り返し地図をお送りいたします。
(FAXには住所、氏名、職業、FAX番号を明記願います)



・日時     9/30(土)、10/1(日) 午前10時〜午後5時頃まで

・場所     東京都小平市学園東町
            西武新宿線、小平駅より徒歩17分くらい
            バス・・・小平南口より国分寺行き(寺61)2番のりば、
            第2小学校前 下車後 徒歩30秒
            ただし、1時間に3〜4本くらいしか出ておりません。

・設計監理   伊礼智設計室(伊礼智、森泉綾)
・施工     相羽建設(監督 早川真  大工 中山さん)
                 30日の土曜日、午後は現場にいます。
by satoshi_irei | 2006-09-28 21:08 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/5771792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 中里のひとり言 at 2006-09-29 10:35
タイトル : 秋の虫も参加した上棟式
伊礼さん設計の家の上棟式が昨晩ありました。 四方固めでまずお清め(左)。 途中記念の最後の羽子板ボルト締め(右)。 ←桧の棟板を用意しお施主様ご家族はじめ全員が名前などを書き込みました。 昔の建物にはよくその時の棟梁をはじめ、かかわった職人たちの名前と日時が書き込まれた棟板が小屋裏に打ち付けてあり、それでその建物の経歴がわかることがあります。 この棟板も小屋裏に打ち付けられることになります。 ...... more
Commented by kazuo-nakazato at 2006-09-29 10:34
昨晩はお疲れ様でした。お施主様も一緒に乗ってくださってよかったです。
ああいう機会に現場の人間とお施主様との距離が縮まりますので、いいですね。
Commented by satoshi_irei at 2006-09-29 11:22
中里さん、
昨日はお疲れ様でした。
しかし、重大な問題が・・・といわれて、
担当の一場は本当に驚いたようです(笑)。
Commented by 5歳児の父 at 2006-09-29 17:12 x
伊礼様 中里様 一場様 皆様
昨日は有難うございました。 私どもの準備他、至らない点も
多かったと思います。ご無礼をお許しください。
伊礼さんが冒頭に、「あとで、創建舎さんの出し物がある」と
仰っていたので、出初め式のような、大工さん&鳶の皆さんによる
アトラクションがあるのかと思っていたら、私がボルトを締める儀式?
だったとは? 意表をつかれました。
鳶の頭による木遣りが印象的な一夜でした。
取り急ぎ御礼まで。
Commented by satoshi_irei at 2006-09-29 19:02
5歳児の父様
昨日はごちそうさまでした。
基礎だけ見ると小さい家ですが、
これからどんどん、広く見えてくるから不思議です。


<< 古くて新しい事務所の風景 OMソーラーハウス・オープンハ... >>