まかない・・・ゴーヤーパスタ
b0014003_20242376.jpg
自宅の菜園で10センチ級のゴーヤーが大量に取れて
何とか食べなければなりません。
料理の手練手管を尽くしたいと思い(笑)、これはいけそうだというのが
ゴーヤーのパスタ(ゴーヤのチャーハンもいいです)。

「バーニヤ・カウダ」ソース(ニンニクとアンチョビとオリーブオイルのソース」を
ベースにゴーヤーをあえてみました・・・これはいいです。

今回、「鷹の爪」を使ったのですが、
使わない方がゴーヤーの苦みが生きると思います。

高温のオリーブオイルでゴーヤをサッと炒め、塩こしょうしておきます。
それをとりだしてバーニャ・カウダをフライパンで炒め、
パスタのゆで汁でちょっとのばしておきます。
パスタをゆでてソースにあえ、ゴーヤーも放り込み、
最後にパルメジャーノチーズ(数年熟成されたものです)をおろして終了です。

ゴーヤーと辛みはあわないように思います(苦みがさわやかに思えない)。
今回の鷹の爪入りもピリッとしておいしかったのですが、辛みはない方がよりおいしい・・・
次回への改善点です(笑・・・仕事みたいですね)。
by SATOSHI_IREI | 2006-08-28 20:32 | ・まかないごはん | Trackback(1) | Comments(5)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/5573924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from irei_blog at 2006-08-28 20:36
タイトル : 魔法のソース
9月5日のOM設計セミナー(Aグループ)でご覧頂く「布田の家」の 住まい手の奥さん(まーちゃん)から教わったソース。 名前は・・・・・・忘れた(汗・・・うちのスタッフも誰も思い出せない)。 その日、突然、つくってみようとということになり、 オリーブオイルにニンニクを入れ、今回はアドリブで鷹の爪を放り込み炒めます(上げる?)。 ニンニクが柔らかくなったら、アンチョビをひと瓶、けちらずに放り込みます。 崩れてきたら木べらで、できるだけ細かくつぶしていきます・・・(ミキサーを使うときれい...... more
Commented by mikik55 at 2006-08-29 02:06
おいしそ~!!!
私はエンジェルヘアー・パスタでそーみんちゃんぷるを作ります(笑)。
パスタって、どんな物にでも変身できる優れものだと思います。
ゴーヤーとは思いつかなかったけど・・・・
辛味と合わないというのは同感です。キムチとも合いませんでした。
Iireiさんのオフィスの方達は、幸せだわぁ。羨ましい!
Commented by tokyomachiya at 2006-08-29 09:24
僕は、ゴーヤーのキムチチャンプルをつくりましたが、なかなかいけました。
少し古くなってすっぱさが出てきたものだったので、豚肉とマッチしたのかもしれません。
ゴーヤーもキムチも個性が強いですから、仲介役の豚さんが必須なんでしょうね。
例のマーちゃんソースの正式名称がわかったのですね。
Commented by SATOSHI_IREI at 2006-08-29 10:15
mikikさん
何度もやっているとだんだんわかってきますね(笑)
それにしても「エンジェルヘアーパスタ」ってのがあるんですか?
探してみます。
Commented by SATOSHI_IREI at 2006-08-29 10:15
迎川さん
豚肉とたまごがゴーヤーのお友達ですね。
Commented by kazuo-nakazato at 2006-08-30 08:36
まかないでこれだけのものが出てしまうのですものね。
街のレストランのシェフたちはここで修行を積んでから出直して欲しいものです(笑)。


<< 思いたったわけではないですが・・・。 オープンデスク生の仕事集 3 ... >>