2月20日(月)は住文化シンポジウム
2006,住文化シンポジウム

月曜日は「住文化シンポジウム2006」、住宅金融公庫 すまい・るホールにて
午後1時30分より行われます。

今回、パネラーです。
テーマは「親の思いが伝わる家」・・・
子供たちのための家づくりといった方がいいでしょうか?
「オキナワの家」が目にとまって、声を掛けていただいたようです。

他のパネリストは北浦かおるさん(大阪市立大学名誉教授)、
藤原和博さん(杉並区立和田小学校校長)・・・あの「建て時」の本で有名ですね。
きちんとしたお話ができるかどうか分かりませんが、
普段の仕事を見ていただきながら、自分なりの考えをお話しできればと思います。
住まいやそれを取り巻く環境は、住まい手・・・
特に子供たちに与える影響は小さくないでしょう。
その影響が、「オキナワの家」にも、普段の設計にも反映されていると思います。
by satoshi_irei | 2006-02-19 18:42 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/4173572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 北村 at 2006-02-20 19:25 x
伊礼さん 岸根の家の見学会ではお世話になりました。伊礼さんのエキスが詰まった穏やかでやさしいお宅だな、と感じました。
お会いすることも出来て充実した一日でした。設計のお話を余り出来なかったのが残念ですがまたお会い出来た時に勉強させていただきたいと思います。お忙しいところお付き合い頂き有難うございました。
Commented by satoshi_irei at 2006-02-20 19:39
北村さん
先日はありがとうございました。
東中野のオープンハウスにも是非、いらしてください。
田中さんも待ちかまえていることでしょう(笑)。


<< 住文化シンポジウム  無事、終了 岸根町の家  オープンハウス初日 >>