脇田健一さんの「オキナワの家」書評
わきたけんいちさんのブログ

脇田健一さんがブログの中で「オキナワの家」の書評を書いてくれました。
ここまで読み込んでいただいて・・・ありがとうございます。
感謝するやら、感心するやら・・・恐縮してしまいます。

皆さん、お時間ございましたら、是非ご覧下さい。
わきたさんのブログからプロフィールを記しておきます。


■氏名:わきた・けんいち(脇田健一)
■生年:出生地 1958年(戌年)神戸市生まれ
■現在:龍谷大学社会学部・助教授
■専攻:環境社会学・地域社会学・環境民俗学 
by satoshi_irei | 2006-02-08 21:02 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/4131233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by わきた・・けんいち at 2006-02-09 00:08 x
伊礼さん、恥ずかしいです。あの~正直なことを申しますと・・・
秋山東一さんのブログで紹介されていた『向こう三軒両隣り』( 田中敏溥さん)に関するエントリーを拝見して、Amazonで注文しようとしたところ、美しい海をイメージするブルーの『オキナワの家』という、タイトルも魅力的な本が同じシリーズであることを知り、『時間のなかの建築』という本命(?!)の本と一緒に、3冊同時に注文したのでした。ところが、ところがです。手元に届いたとき、読んでみるとビビビとくるものがありまして、まず拙ブログで紹介したくなったのは、『オキナワの家』ということになりました。実際に読んでみて、本当に「ステキな本」だなと思いました。建築にそれほど感心のない皆さんにも、ぜひ知っていただきたいなあと思いました(私も素人でわかっていないのですが・・・)。伊礼さんの「屏風(ヒンプン)理論」、自分なりに展開させていただこうと思います。どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。
Commented by satoshi_irei at 2006-02-09 09:31
わきたさん、
この本のおかげで異分野の方々とお話しさせていただく機会が増えたのですが、新鮮なんです。哲学者の野矢茂樹さんのおっしゃる「外部との関わり」の大事さ、豊かさは外部からやってくるというのを少しずつ味わっています。もちろん、悪いのも外部からやってきますので(笑)、ヒンプンのような「外部との関わりを制御する装置」は大事だと思います。
設計の中で考えていきたいテーマのひとつです。
Commented by わきた・けんいち at 2006-02-09 10:13 x
「悪いのも外部からやってきますので」>伊礼さん。ちみに、わ、わたしは「悪いもの」ではないと思います(思いたい)、、、自分でいうのもなんですけど(^^;)。ヒンプンは、人間の体のようですね~。生きていくために必要なものは取り込むけれど、害になるものは免疫システムで排除する(医学のことなったく知りませんが)わけですからね。じゃ、トートーメは何にあたるのかな、と考えています。ぜひ、また、このような本をお書きになってください。
Commented by stilwell at 2006-02-09 15:20 x
わきた・けんいち さん、こんにちは
>免疫システムで排除する
私も人体と似ていると思います。
漢方診療のレッスン 花輪 寿彦
胎児の世界 三木 成夫
が参考になるかと思います。
Commented by わきた・けんいち at 2006-02-09 17:04 x
stilwell さん、伊礼さん、こんにちは。
stilwell さんお勧めの本、面白そうですね~。
不勉強なもので、三木先生や花輪先生の名前を存知あげませんでした。
まず『胎児の世界』から読んでみようと思います。ちょっとビビビの予感があります(^0^)。
Commented by satoshi_irei at 2006-02-09 17:46
STILWELLさん、わきたさん
確かに「退治の世界」はタイトル力がありますね。
確か、今度そんな映画がやってくるんじゃなかったでしょうか?
テレビで見ました。
Commented by stilwell at 2006-02-20 18:29 x
わきたさん、伊礼さん
胎児の世界は映画ではありませんが、
確か演劇の人がほめてました。
都市や身体を環境とのかかわりからみる参考になると思います。
Commented by わきた・けんいち at 2006-02-20 21:24 x
stilwell さん、『胎児の世界』、注文しました。
楽しみにしています。
Commented by stilwell at 2006-02-21 19:11 x
わきたさん
読んで気にいらなかったら、
私が買い取ります。


<< 岸根町の家・オープンハウスのご案内 路上採取   済州島の魚 >>