下関・青山の家 ・・・1月20日、21日 見学会
安成工務店の「安岡エコタウンプロジェクト」に向けた
試作品となるモデルハウスの写真が送られてきました。

小物のたぐいがなく、
まだまだ緑が寂しいですが、しばらくモデルハウスとして公開され、
販売されます(既に買い手は決まっているようです)。

1月20日、21日はOM加盟工務店の全国一斉見学会、
お時間ございましたら是非、お出かけ下さい。

今回は太陽光でOMのハンドリングを動かす自立型のハンドリングを採用、
1階にタイマー付きの切り替えダンパー付き加温ボックスを設け、
「床下蓄熱モード」と「室内吹き出しモード」に切り替えられるようにしています。

b0014003_16475235.jpg
設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾 松長浩子)
施工:安成工務店  問い合わせ先:TEL 0832−52−2230  営業部

木造2階+ロフト
延床面積:34坪
屋根:ガルバリウム鋼板
外壁:ガルバリウム鋼板、ジュラクペンアート吹きつけ

内部壁仕上げ:リターナブルパウダー(鮫島コーポレーション)
天井仕上げ:プラスターボードEP塗り
床仕上げ:レッドパイン

b0014003_1635453.jpgb0014003_1772156.jpg
九州間(960グリッド)なのでゆったりしています。
関東間ですと延べ床30坪のプラン。b0014003_1773725.jpgb0014003_1775334.jpg

ソファの後ろは吹き抜けていて、階段越しに大きな開口から空が望めます。b0014003_1716222.jpg

・伊礼智設計室のプロフィール、仕事(作品)については右のカテゴリの中からご覧下さい。
by satoshi_irei | 2006-01-07 17:12 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(9)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/4001495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from irei_blog at 2006-01-09 17:51
タイトル : 下関「青山のモデルハウス」オープン
昨日は下関へ。 今日(23日)から安成工務店の「青山のモデルハウス」がオープンいたします。 このモデルハウスは安岡ソーラータウン(40棟のOMソーラーハウス住宅)の 「モデルハウスのための試作品」となります。 このモデルの設計、施工、コストなどさらに吟味して、 安岡に本番用のモデルハウスを造ろうと言うこと・・・。 昨日は、建具、塗装、ブラインドなどの追い込み・・・。 家具を組み立て、セッティングをしたところで、 隙をみて(笑)写真を撮らせていただきました。 下の写真でダ...... more
Commented by tokyomachiya at 2006-01-07 17:47
今回も、鉄人28号ファサードの家ですね!
見方によっては、カールおじさんにも見えてしまうのは、環境がのんびりしているせいかなぁ・・・。
食堂が一番良いところにあるんですね。
気持ちよく一日のスタートが切れる家ですね。
Commented by satoshi_irei at 2006-01-07 20:10
鉄人スタイルになってしまったんでしょうね(笑)。
九州間はかなりゆったりしています。

迎川さん、そろそろ
I−WORKSのモデル欲しいですね(笑)。

Commented by masa-aki.m at 2006-01-11 19:22
なんと、一階の間取りが僕の設計した小山の家そっくりです。
やはりシンプル+OM的な間取りを考えると似たようになるのでしょうね。ニューハウス1月21日発売に掲載予定です。
でも、家の雰囲気はさすが伊礼風ですね。
Commented by satoshi_irei at 2006-01-11 21:28
松原さん、小山の家ですか・・・見てみますね。
よけいな事をしない設計ってあるんでしょうね
ここの場合は売値がありますので、そうなってきてしまうのですが
たぶん、それがなくてもあまり変わらなかったかも知れません笑)。
Commented by 設計見習い at 2006-01-12 09:32 x
初めまして、いつも拝見させて頂いております。
天井までの建具は、開け放つと目線が切れないでとても良いですね。
この場合、天井高さはいかほどなのでしょうか?
全景を拝見致しますと、軒高低めになってるのかな。。と思います。
もし良かったらお教え下さい。
Commented by satoshi_irei at 2006-01-12 16:45
設計見習いさん、こんにちは。
天井の高さは2217です。内法はサッシュの標準寸法にあわせて2200。
17の差は何か・・・
2月1日発売の「住宅建築2月号」をご覧下さい(笑)。

2200というのは天井までの建具で反りが許容できる
、ぎりぎりの高さではないでしょうか。
階高は1階、2階ともに2600です。
九州間なので2階もそれぐらいで大丈夫。
サッシュ内法は2階も2200.軒の出は1000です。

今回は完了検査を受けていますので(笑)、
バルコニーの立ち上がりが1100です・・・
できればもっと、ぐっと低くしたいですね。
Commented by 設計見習い at 2006-01-12 18:56 x
伊礼様
丁寧なお返事ありがとうございます。
天井高2217でも空間にメリハリをつければ快適に過ごせるんですね。
僕は独学で建築学んでいるため(今は下請け事務所のようなところで働いてます)当たり前のことしか分かりませんので、仕事の後色々本を読んで勉強したりする生活がもう3年くらいになります。
いつか、自分の想いを形に出来る日までめげずに頑張ろうと思います。

ちなみに、17の差は30の枠に13のFミキリを上端合わせで17かな?とカタログ眺めながら思いました(違いますね・・・恥ずかしい)
2/1の住宅建築を楽しみにしてます。

Commented by satoshi_irei at 2006-01-12 19:38
17ミリの差は
27の枠に天井のプラスターボード9,5ミリを引いた・・・17.5ミリです。
天井の底目地をなくそうということから(手間ですから)、そうしました。
Commented by 設計見習い at 2006-01-13 09:48 x
重ね重ね、ご返答ありがとうございますm(__)m

日常でしたらお会いすることすら出来ないのに、コメント頂けて大変嬉しいです。
これからもブログ楽しみにしてます、そして色々勉強させて頂きます。

ありがとうございました。


<< 福島県「浪江の家2」・・・現場の工夫 国営カラオケ!! >>