吉村順三さんの住宅は「まかない飯」
先日のシンポジウムで林昌二さんのお話の中に出てきた事です。
吉村先生の設計する住宅の気持ちよさは説明できない・・・。
また、料理人の「まかない飯」みたいなものではないか?。
実は「まかない」が一番おいしいのだが売り物にはならない・・・と言うような内容でした。

解読しますと(笑)、
売り物にするためには、見た目をよくしたり、
コストをあわせるために、添加物や化学調味料を使わざるを得なかったり、
より手早く、大量に作るために手間を省いたり、
クレームが出ないように・・・と
いろいろと工夫しなければならないのでしょうね。
吉村住宅は商品にするための「おいしさを損なうような手心」は加えられていない、
純粋に自分がおいしく食べるための「まかない料理」ということになりますか?

似たような話は
小田原健さんからも聞いていまして、 
いい椅子ができたので「商品化してはいかがでしょう」と提案したら
「この椅子は自分の空間の中だけで喜ぶ椅子だよ」とおっしゃったとのことでした。
つまり、商品ではない、商品にならない「まかない家具」なんでしょうね。
自分の設計した空間でのみ生き生きと魅力を発する。

林さんのお話をお伺いしてそんな事を思い出してしまいました。
でも、やっぱりよくわからない(笑)。
by satoshi_irei | 2005-12-06 18:38 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/3871148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2005-12-06 18:59
反面、たためるいすが、金額の問題でMOMAのパーマネントコレクションにならなかった時、えらくがっかりしたという話を聞きました。
完成度の問題を含めて、商品化できるものとできないものをしっかりと見極めていたのでしょうね。
Commented by satoshi_irei at 2005-12-06 19:22
たためる椅子を大手と組んで商品化していたら、
全く違うものになったでしょうね。
吉村山荘の増築部分にあるシマシマのフロアスタンド・・・
オリジナルを見たことがあるのですが、ヤマギワから出ているものを見たとき、
違うものに見えました。
特許の切れた名作椅子が
そんな運命をたどっていることを、小田原さんからも伺いました。
Commented by fuRu at 2005-12-07 09:38 x
「まかない飯」の話。
いい話ですねえ。
心に留めておきます。
Commented by satoshi_irei at 2005-12-07 09:50
まかない飯・・・
有り合わせのもので、適当に手早く作って、少々まず食ってもいい・・・
と言うものとは違うんですね(笑)。
来年から、心して事務所の「まかない飯」に取り組まなければと・・・。
食器などそろえることにしました(笑)。
Commented by oyabin304 at 2005-12-07 10:23
シマシマのフロアスタンドは、製品化したものは背が低いんですよね。
オリジナルだと大きすぎて搬送の際にデメリットになってしまうのが理由とか。
商品化するということは、モノ自体がよいだけじゃダメなんですね。
Commented by satoshi_irei at 2005-12-07 11:27
oyabinさん、吉村展で見たシマシマのフロアスタンド・・・
オリジナルと違う!!と感じた事は、おっしゃるとおり、大きさなんです。
でも、このスタンドに関してはいい!!(笑)と思いました。
買おうと思ったくらいです(笑)。
普段、自分の設計している住宅のスケールを考えると
あれくらいがいいですねえ(笑)。


<< 10日、11日 新潟「内野山手... 針葉樹の椅子・広葉樹の椅子の話 >>