「こだま」の椅子は良い!!
b0014003_1727069.jpg





















「椅子づくり100年物語」(OM出版)を読んでからというもの、新幹線に乗るたび座席をチェックして、
宮本茂紀さんが書かれたとおりだ!!といちいち感心している。

先日、下関から博多まで「こだま」に乗った。
それまでは、全く気にもしていなかったのだが、座ったとたん、座り心地の良さに驚いた。
早速、座をはがしてみようとしたのだが、
「ひかり」のようにマジックテープで止めてあるだけではなく、
「こだま」の場合は裏でしっかりビス止めにされている。
土手もクッションもしっかりしているように思えるし、何しろ、肘掛けの幅が広い(150はある)。
ゆったり座っていられる。

スピードを出すための軽量化などで座り心地が犠牲になっている・・・
との宮本さんの指摘がよ〜く理解できた。

「こだま」は遅い・・・。
しかし、その分、空いている・・・たまに、車両ごと貸し切り状態になる(笑)、
その上、椅子の座り心地が良い。

30分程度の差だったら、「こだま」でゆったり、ビールでも飲みながら帰りたい(帰りですよ)。
そのためにも、「ひかり」や「こだま」より車内販売の質を上げてほしい・・・と思うのだが。
by satoshi_irei | 2005-11-03 18:11 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/3719305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tanaka-kinoie at 2005-11-05 10:01
私もこの違いには気付いていました。
神戸に出張の時にのぞみから乗り換えるとあきらかに違いがわかるのです。椅子からソファーに座り変えたような感覚です。
「椅子づくり100年物語」まだ良く読んでいませんでした。
Commented by satoshi_irei at 2005-11-05 10:36
「こだま」を見直しますよね。
宮本さんは新幹線の椅子にケチつけて、JRに呼び出されたとのこと、
怒られるかと思ったら、アドバイスを求められたそうです。
Commented by tokyomachiya at 2005-11-05 14:02
伊礼さんは、やたら椅子をはがしていると、本当に鉄道公安官に捕まってしまいますよ。
爆弾犯と間違われないように要注意ですよ!
Commented by satoshi_irei at 2005-11-05 14:55
宮本さんも見つかって怒られたそうです。
Commented by komachi at 2005-11-14 20:59 x
確かにireiさんの写真のこだまのシートはかなり良さそうですね。速いだけの乗り物は時代遅れということでしょうか。話は違いますが、先日、何年ぶりかで都電に乗って、とても気持ちが良かった。
あれは何だろうと思っています。


<< 中村好文、ジュンク堂で「意中の... 上野の奏楽堂の椅子はちょっと・・・。 >>