Jスタンダード 新しいハーフユニットバスの試作品 2
Jスタンダードのハーフユニットバス。
迎川さんはじめ、4人で押しかけて、いろいろと打ち合わせさせていただきました。
試作品を見せていただき、こちらの具体的な要望を寸法でお伝えしました。

その時の現場でのスケッチです。
ああだ、こうだ、いや、やっぱりこれだと悪戦苦闘の現場状況です。

これから、型を起こし、1月後に製品が完成です。
b0014003_2133670.jpgb0014003_21322434.jpg











あれこれ打ち合わせしているうちに、ほぼ、納まりまでまとまりました。
全て、製品で解決するのではなく、現場の設計と施工で解決する・・・という事を盛り込むと、
ほんとに開発が易しくなります。そのかわり、使う人の自己責任を問いますが(笑)。

そんなプロダクトにしていきたいと思います。
1階で使用する時、2階で使用するときなど、簡単なマニュアルは必要でしょうね。
それにしても、こんな形でプロダクトに関われるというのは
建築家にとっても望ましい事だと思います。
いろいろな方々に感謝致します。
後は、ちゃんとした物ができるかどうかですね(笑)。

b0014003_21323687.jpgb0014003_21325115.jpg
by satoshi_irei | 2005-10-19 21:44 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(5)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/3647780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from OMソーラーの家「東京町家」 at 2005-10-20 01:48
タイトル : J-Standard(住み続けるための建築部材)
Jスタンダード 新しいハーフユニットバスの試作品 2 現在の住宅シーンは、「家をつくること」に注目し過ぎているように思う。 東京町家では「住むこと」に注目して家づくりを行っている。 家ってつくる為のものではなく、住むためのものだから。 ところが、不思議なことに、この国では「住むこと」に関心が低い。 例えば、50年間住むために、キッチンのカウンターステンレスは、 業務用と同じ1mm厚のヘアライン仕上げが欲しくても、既製品には0.8mmモノしかない。 しょうがないから、大工さんと建具屋さんと...... more
Commented by tokyomachiya at 2005-10-20 00:32
大手メーカーの下請工場です。
だから、ハンドレでつくってもらっても、流通経費が小さいから、結局最低ロット確保できれば量産品と同程度の価格で手作りできる。
これは結構僕たちにとって使い勝手がいいね!
最低ロット確保するために、僕たちの考え方に賛同頂ける方は、是非自己責任で使ってみてください。
ハンドレなので、プレスの量産品と違って質感がよく、厚みもしっかりしている。
Commented by satoshi_irei at 2005-10-20 22:05
実際につくっている現場と完成品のギャップが面白いですね。
とにかく、もうすこし、検討の余地がありますね。
Commented by k_watarow at 2005-10-21 04:24
オーダーのユニットバス。今度もう少し詳しく聞かせてください。頭ガチガチ、保身の大手メーカーには、うんざり。なんのため、誰のための商品なのかわからなくなるこの頃なものですから。
Commented by satoshi_irei at 2005-10-21 21:07
小林さん、今度はこちらが保身に回ります(笑)。
自己責任で、理解して使ってもらえる人にだけ提供したいと思います。
その人たちから新たな情報をいただければうれしいですね。
でも・・・違い方は違うとお思います。
Commented at 2006-09-20 23:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 新潟、内野の家・・・近況 沖縄そばの日に・・・食べました。 >>