デッキの照り返しを防ぐ方法
b0014003_10112931.jpg日曜日、3年前に設計した
「つくばの家」に行ってきました。
あいにくの雨でしたが、
しっとりした空気と光が
心地よく漂っていました。

竣工時にはちょっと寂しかった
庭のデッキに植えた木々たちが
元気に茂っていました。

見た目だけでなく、
夏、デッキ廻りの照り返しを防ぎ、
風を取り入れる窓廻りの
微気候を整える役割を持ちます。

リビングや和室を
ご近所からの視線を遮りつつ、
緑が楽しめるよう、木々のまわりを
スキップするようにデッキを配して
楽しい屋外空間が
できればと考えたのです。
by SATOSHI_IREI | 2005-10-10 10:23 | ・住まい・建築 | Trackback(2) | Comments(7)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/3599365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 駿河木の家日記 at 2005-10-10 10:59
タイトル : 涼しいデッキ
暑い日が続きますが、自宅の中庭にあるデッキは、とても涼しく、夜も窓を少し開けておくと 冷風が、室内を通ります。エアコンは、年に一度か二度しか使ったことがありません。 それは、デッキの下に池があり、そこに井戸水を流したいるからです。昔の人は、中庭に池を 作るのは良くないと言われます。湿気溜まりになり、家が長持ちしないという訳です。 確かにその通りですが、中庭は、以外と風が通り、湿気溜まりにならないのです。北側に山を 背負っている場合は、別ですが・・・。もちろん、建物自身の防湿は、充分に施してあ...... more
Tracked from OMソーラーの家「東京町家」 at 2005-10-10 11:33
タイトル : 第3回 「吉井町の家」「つくばの家」スライド
伊礼さんは、快適に生活する工夫を、二つの住宅のスライドで、具体的に解説した。 「吉井町の家」は、以前居た丸谷博男さんの事務所で担当した物件。 リタイアした夫婦のための終の棲家として計画された。 いたるところに、高齢化した場合に快適に過ごせる工夫が凝らしてある。 ○個人の尊厳を守るために、トイレに汚物流しを設置し、お漏らしはこっそり自分で処理をする。 ○寒い時期の雨戸閉めは辛いので、室内側に雨戸を設置。 ○知らない土地での不安解消や防犯のために、掃出し窓を設けない。 ○全体がワンル...... more
Commented by surugaki at 2005-10-10 10:58
いい感じですね。伊礼さんが設計される住宅内部の広がりが、外にも広がって、
奥行きを感じます。庭は、時のデザインと言った方がおりましたが、三年経つと
馴染んできますね。自宅のデッキをTBさせていただきました。
Commented by tokyomachiya at 2005-10-10 11:39
いい感じになってきましたね。
近景の植栽と遠景の雑木林、予想通りの奥行きが出ていますね。
隣家とは板塀で柔らかく目隠しをして、雑木林に視線を集中させる方法は良いですね。
現在進行中の「つくばの家Ⅱ」も期待しています。
竣工事のデッキの様子がわかる「つくばの家」TBさせて頂きました。
Commented by SATOSHI_IREI at 2005-10-10 12:25
今井さんのお宅は大人の縁側という感じですね。風格もあります。
Commented by SATOSHI_IREI at 2005-10-10 12:25
迎川さん、
飽きるほど、カブトムシが捕れるようです。うらやましい。
Commented at 2005-10-10 12:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by k_watarow at 2005-10-10 19:05
出来たての住まいの写真は、生々しくて....。
数年を経て撮ってもらったり、掲載してくれるといいと思うのです。住まいは、時間と共に育って行きますもんね。
Commented by SATOSHI_IREI at 2005-10-10 19:21
小林さん、
木が1本もない、緑が見られない住宅作品が評価されたりしがちなのは、寂しいですね。植栽も建築の設えの一部ですよね。


<< 小泉誠の最新本は疲れる。 土曜の昼餐(まかない) >>