天井表面温度が35℃
今日はかなり暑いですね。

うちの事務所は3階建てのビルの、その上のペントハウス。
エアコンを入れた室内の天井表面温度が32℃でした(壁面が31℃)。

エアコンを入れているとは言っても、
壁や天井の表面温度が30℃を超えるとかなり暑く感じます。
隣の部屋はエアコンを切ってあります。試しに放射温度計で測ってみると、
なんと35℃でした(その後36℃まで上昇)・・・しばらく居ると気が遠くなります。

改装した時、グラスウールが入っていることを確認しているのですが甘いようですね。
断熱はしっかりやりましょう・・・これでは京都議定書はクリアできません。

b0014003_14551674.jpg
by satoshi_irei | 2005-08-05 15:03 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/3249322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2005-08-05 18:01
改装工事をしたのはいったい誰だ!
責任者出て来い!
えっ、・・・・・・・・・。
人生いろいろ、仕事もいろいろですね。(汗)
4℃も断熱効果が出ているじゃないですか!
Commented by satoshi_irei at 2005-08-05 18:36
いやいや、相羽建設のせいでは無いのですよ。
元々入っているな・・・と確認したのですがきちんと入っているとは言えない状態でした。



<< 茶豆が旬!! 工作活動      絶対上がれ... >>