子供たちに伝えたい住まいの本   6冊揃い踏み!!
子供向けの住まいの絵本も第三弾がもうじき発売。
現在の所、6冊が発売されています。

1、家って何だろう      益子義弘
2、家の記憶         みかん組
3、オキナワの家       伊礼智
4、家族をつくった家     芦原太郎
5、集まって住む       元倉真琴
6、物語のある家       妹島和世

b0014003_15281019.jpgb0014003_15282846.jpgb0014003_15285787.jpg










b0014003_15295294.jpgb0014003_153094.jpgb0014003_15305767.jpg









各、1680円(消費税込み)
発売元:インデックスコミュニケーションズ

先日、この本のディレクターである真壁智治さんがやってきて
それぞれ「自分たちでしっかりもうちょっと売るように!!」(笑)とのことでした。
本屋さんも建築のコーナーでなく、違うコーナーに置いてもらえるといいのですが・・・。
せっかく、いい企画ですので一家に一セットそろえましょう!!    伊礼智
by satoshi_irei | 2005-06-18 15:41 | ・住まい・建築 | Trackback(6) | Comments(7)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/2958773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Yan's diary at 2005-06-19 11:22
タイトル : 集まって住む
くうねるところにすむところ 子どもたちに伝えたい家の本、第2弾が発売になりました。 その中で特に気に入った「集まって住む」を紹介します。 「人は集まって住むことによって、ともに生き延びる力をもつことができる」 著者元倉眞琴先生はあとがきに書かれています。 街並みや景観が見直されているように、建物の外観やエクステリアは、半公共空間であるという意識が必要です。自分の敷地内ならどんな家をつくっても良い、法律に反しなければ何でも良い。という考え方では地域と共に生きるという視点は持てないでしょう。個と...... more
Tracked from Yan's diary at 2005-06-19 11:27
タイトル : オキナワの家
オキナワの家という絵本のような建築の本が昨年末に発売になりました。(シリーズもので3冊既刊しています)この著者である建築家伊礼智先生とちょっとした縁でつながりを持つことが出来ました。しかも嬉しいことに、私の送ったハガキをご自身のブログにUPしてくれています。下旬にはお会いすることとなっており、今から楽しみにしております。沖縄で雨水のことを「天水」といいますが、この表現が大好きです。今でもお茶を入れるのは雨水が良い(純水に近いのでお茶の成分が抽出されやすい)とおっしゃるお年寄りの方もあるようです。降雨量...... more
Tracked from 育児な手帖 at 2005-06-21 23:49
タイトル : 『オキナワの家』
『オキナワの家』を読む。 以前訪れた、石垣島、竹富島、西表島、沖縄本島の光景を思...... more
Tracked from ヒトリゴトタチ at 2005-07-16 10:28
タイトル : 有酸素運動
シカオちゃんのプロモエキストラ撮影一般公募! 超行きたいんだけどチャリンコじゃ行けないしな〜。 チャリンコと言えば、昨日はガラスの器を買いに普天間基地の辺りまで行ってきたよ。お店の2階の階段のトコにバカデッカイ観葉植物があったんで、わーっと思って近づいたら、セロウムだった。ウチの子と一緒やん!こんなに大きくなるの?と、一人でぐるぐるしてしまったよ。ウチの子ももっとデッカク育ててやるぜい。で、日除けとして働いてもらう(従業員養成中?)。 ■最近ウチにきた本 コウモリたちのひっこし大計画岡本 順 / ...... more
Tracked from ヒトリゴトタチ at 2005-07-16 11:06
タイトル : 落花
ナーベラーの花、夕方ベランダのフェンスの上にちょこんと乗ってたわ。椿の花みたいだった也。今日は2個目の花が咲いているけど台風が近づいていて今日も風が強いので落ちるかも。頑張ってくれ! 先日、買ったオキナワの家、タイトルに03てちっさく打ってあったので、続き物なのかな〜?なんて言っていたら著者の伊礼さんのブログに紹介されていたよ。ちょっと、どれも面白そうだ。 画用紙とからくがき帳とか大学ノートに、お家の間取り図を描くような子供だった(今でも方眼用紙に描くよ)。建築知識とかは一切ないので、でーじてーげ...... more
Tracked from irei_blog at 2005-07-28 10:23
タイトル : 子供たちに伝えたい家の本・・・第3弾発売中
くうねるところにすむところ 子供たちに伝えたい家の本の第3弾が発売中です。 今回は伊東豊雄さん、阿部勤さん、野澤正光さんです。 真壁さん、送ってくれるって話だったのにまだ届いていないなあ・・・。 自腹で買えってことでしょうね?。... more
Commented by surugakinoienix at 2005-06-18 22:09 x
私は、「オキナワの家」しか、持っていません。ゴメンナサイ。
Commented by satoshi_irei at 2005-06-19 11:26
今井さん、ありがとうございます。
竣工祝いでお施主さんに1セット、差し上げるのもいいですね(笑)
だんだん、負担が大きくなりますが(笑)。
Commented by ame-no-michi at 2005-06-19 11:27
6冊購入しました。
特に気に入っているのは
「オキナワの家」と「集まって住む」です。
トラックバックもさせていただきました。
Commented by kazuo-nakazato at 2005-06-19 22:55
私はまだオキナワの家を捌けていませんが(笑)、時々読み直しています。
他の本をいくつか店頭で見ましたが、今いちの感がありまだ買っていません。
やはりオキナワの家のように買ってから読まないとありがたみがわからないかもしれませんね。(再度、笑)
Commented by satoshi_irei at 2005-06-20 09:40
谷田さん、ありがとうございます。
ある程度、売れてくれないとこのシリーズも続かないものですから・・・.
中里さん、今年の社員旅行は沖縄にしてください(笑)。
Commented by yurakuan at 2005-06-21 01:09
私も「オキナワの家」だけです。。。。。沖縄の魅力にとりつかれているひとりとして、この本だけは! と考えていましたが、いつのまにか6冊も出ているとは知りませんでした。
中里さま、沖縄に行くべし、行くべし! ついでに指宿の砂蒸しにも。
Commented by satoshi_irei at 2005-06-21 09:27
yurakuanさま、ありがとうございます。
鹿児島の知覧には沖縄のヒンプンが伝わって懐かしい感じがしました。
中里さん,沖縄が無理ならそちらへ行って、ついでに砂蒸しもどうぞ・・・.


<< 木と匠が織りなす暮らしのフェア... 東京町家・北葛西の家  外壁の... >>