見積もりを値切る秘策!!
3件の見積もりの減額作業を進めています。
これまで仕事をしたことのある工務店なら、まず、苦労はしない。
何しろ、設計は自分で変わらないのだから、たいていどれくらいで出てくるか分かる。

初めて仕事をする工務店はそこが読めない。
当然,いろいろ変更したり、交渉したりする。
相見積もりは決して良い仕事の担保にならないことはよく知っている。
安ければいい!!という方向にどんどん流されていって、設計も施工も踏みにじられることが多々ある。

減額の掟。
「設計のエゴは見直す」、「施主の都合の良さも見直してもらう」、
「工務店にも努力してもらう」という作業が減額作業・・・
いい住まいになるかどうかの肝心な仕事・・・結構、判断力(センス)が要求されます。
うまい下手が出るんですね、ここにも(設計がうまい人は減額のやり方もうまい!!)。

先日、工務店を値切るときの秘策をある巨匠から伝授していただいた。
うちのスタッフがじきじきに教えていただいたのだが、うろ覚え・・・だった。
それは何かというと、工務店に値段を下げていただく替え歌!!。
替え歌とくればもちろん、巨匠というのは中村好文さん。

ゼスチャー付きで(腰の入れ方が大切といわれたらしい)、「***さげてよ〜」らしいのだが、
原曲名はおろかメロディも覚えてない・・・。
どうも演歌っぽいというところまで分かってきた。

こちらも推理の限りを尽くし、
「ついておいでよ〜」というメロディーじゃなかったのか?・・・
「矢切のわたあし〜」という感じでは?
ということでそうだ!!ということになった。

「矢切の渡し」が「値切りの私」になっていたのである・・・確かに腰を入れないと船はこげませんものね。
若い女の子に、それもよその事務所のスタッフに、
こんな歌を教えている中村さんの「上機嫌さ」(売れっ子の資質です)に頭が下がりますが、
これで工務店が値切れるものかどうか・・・
カラオケ屋とか、交渉場所のセッティングも大事かもしれませんね・・・がんばらなければ。   伊礼智
by satoshi_irei | 2005-06-07 19:32 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/2892940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by studio-tsumugi at 2005-06-07 20:16
歌ですね! そして踊り、いや、ジェスチャーと。。。
楽しくなってきましたよ~♪
あれ? 目的は何でしたっけ?
Commented by satoshi_irei at 2005-06-07 20:37
減額ですよ、減額!!
「ねぎりのわたあし〜」というとき、自分への自警と工務店に対するプレッシャー表現しなければいけないんですよ・・・きっと。
腰を入れないとダメらしいですが。
Commented at 2005-06-07 20:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by satoshi_irei at 2005-06-07 21:17
中里さん、よろしくお願いしますね。
「ねぎりのおわたあし〜」というわけで・・・。
どうも出だしは「やすくしてよねえ〜」らしいです(笑)。
Commented by surugakinoienix at 2005-06-07 23:25 x
私は、90%が、設計施工ですが、5%が自社の設計監理で施工は他社です。
残りの5%が、設計事務所の設計で施工のみという構成です。いずれの場合も、
減額には、苦労しますが、強みは、複合技が出来ることです。いままで
お付き
合いされている工務店とタイアップすれば、複合技で減額の新しい形もできるの
ではないかと思います。ただ、皆が、気持ちよく仕事ができるのが前提ですが・・・。
Commented by tokyomachiya at 2005-06-08 08:50
きっと、カラオケではこれに小道具を使った「あて振り」が付くのでしょうね。
さしずめ、布の端っこを噛んで下から斜め上に流す視線で、耐える女を表現するでしょう。
実は、この表現に「東京町家」手拭がぴったりなんですよ!
伊礼さん、値切り交渉がうまくいったら、好文さんに御礼のプレゼントをしてください。
Commented by satoshi_irei at 2005-06-08 09:20
今井さん、そうなんですよね。
先日書いた、予算や要望に合わせた、きちんとした仕事の仕方を用意しておくのもひとつの手ですよね。
複合技=信頼を失わないメンバー(職人)の編成の仕方、設計事務所にも参考になりそうです。
Commented by satoshi_irei at 2005-06-08 09:23
迎川さん、
「やすくしてよね〜」というとき、深く、気持ちを相手に伝えるように
下から、ぐっと両手で救い上げるようにするとのことです。
でも、工務店に「知らぬことだよ〜」と返されそうな気もして・・・。
Commented by studio-tsumugi at 2005-06-20 00:59
伊礼さん、なんとか工事契約まで漕ぎつけました!
「値切りの私」は残念ながら披露するチャンスがありませんでしたけど(笑)
でも次回の『秘策』としてとっておきます。
Commented by satoshi_irei at 2005-06-20 09:44
tsumugiさん、おめでとうございます。
昨日,ある所でS工務店にいた伊藤さんに会いました。
吉野さん知ってます?ってきかれました。ご存知ですか?
Commented by studio-tsumugi at 2005-06-20 12:15
伊藤さん? たぶん佐藤さんだと思います。 
S工務店さんにいた方達で新たに工務店を立ち上げ、
OM加盟したそうです。 同年代が頑張っていると嬉しくなります!
Commented by satoshi_irei at 2005-06-21 09:28
そうそう、佐藤さんです。すみません。
立派な名前の工務店を立ち上げたんですね。


<< 路上採取   韓国のマネキン 東京町家セミナーVOL 3 の... >>