信州型ペレットストーブ 2
さて、何からお話ししましょうか・・・。
まず・・・このタイプは家庭用。

家庭用の信州型の特徴としては、多彩なオプションをチョイスできる事です。
薪ストーブ的輻射熱を期待できるファンヒータータイプ、ff式(強制給排気)、
不凍液による床暖房システム、
そしてomソーラーではおなじみの煙道採熱方式・・・煙突を利用して天井面の熱
を回収し、煙突で暖め直して床面、あるいは床下に送り込む方式、
ユーザーのニーズに合わせて発注時で対応できるようにしようと考えています。

それに加えて、家庭用として小型でシンプルなデザインであること、
湯沸かし対応、オプションの選択による省エネ化、
様々な安全装置(温度自動調節、耐震自動消化機能・・・)付き、
それでいて、出力最大8000キロカロリー。
最大時で約7時間分のペレットタンク容量の予定。
b0014003_13121935.jpg


デザイン  伊礼智
模型制作  島華子
*画像は煙道採熱方式
by satoshi_irei | 2004-09-18 13:12 | ・住まい・建築 | Comments(0)


<< 信州型ペレットストーブ 3 信州型ペレットストーブ 1 >>