ジオパワーシステムのモデルハウスを見た。
b0014003_19411389.jpg
ジオパワーシステム






















日曜日、仕事なんですが、ピクニック気分で
ジオパワーのできたてほやほやのモデルハウスを見てきました。

今度,山口県の安成工務店さんの「安岡エコタウン」を設計させていただくのですが、
山口県から産まれた「ジオパワーシステム」を
エコタウンのメニューとしてリストアップするにあたって勉強しにいったわけです。
(もちろん、OMソーラーシステムを主体でいきます)

モデルハウスは京成関屋の駅から徒歩1分、北千住駅から徒歩,15分ほど・・・。
地元千住の人間としては、仕事というより、
自転車飛ばして、ご近所で用事を済ますという感覚ですね。

写真にある通り、外気温がその日は25℃、土中温度が17℃となっています。
室内吹き出し口の温度が15℃くらいでしたので変だと思ったら、
土中温度計がおかしくてもっと低いらしい・・・そうすると気温差10℃・・・凄い。

ジオパワーは簡単に言うと、地中5メートルの冷たい熱を利用するシステム
取り入れた外気を地中で冷やして、床下に蓄冷させて室内に吹き出す。
冬は外気を土中で暖め、暖かい空気と熱(15℃くらいでしょう)を床下に蓄熱して、
室内環境を緩やかに安定させる。
24時間換気システムにも対応している・・・確かに換気装置でもあるので空気質もきれい。

いろいろお話を伺うと緩やかに変動する室内環境や換気システムを持つこと等、
OMソーラーと考え方がとても似ている。
うまく、OMのシステムと連動できないだろうかと考えてしまった。
ジオパワーも30坪から40坪の家で、
一軒あたりフル装備230万円くらい、OMもフル装備で大体同じ。

それぞれ120万円くらいのパッケージを組み合わせて
夏と冬、補い合えるシステムになるといいのにねえと話をして帰ってきた。
1時間もいると肌寒いほど涼しかった(室温、壁,天井の表面温度20℃)。  

ご興味ある方は、是非、千住のジオパワーのモデルハウスへ出かけてみてください。 伊礼智
by satoshi_irei | 2005-05-30 20:04 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/2838258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2005-05-30 22:39
地下室は、地表から2mちょっとですが、夏涼しく冬暖かいと言うことを、いつも感じています。これが地下5mともなれば、もっと安定した効果を期待できるでしょう。
気になることは、パイプ内で結露が発生した場合(25℃湿度80%の空気が15℃の地下に取り込まれた場合結露します)どのように逃がすか・・・。これをうまくやらないと、クールチューブの如くカビ臭い空気が室内に出てしまう。
Commented by satoshi_irei at 2005-05-31 09:17
結露やカビに関してはきちんと対処していました。
そのために設備がどんどん増えてしまうことは言うまでもありません。
その軽量化、パッケージ化が課題だと思います。
前から知っていたのですが、実際見ると予想以上です。
ちょくちょくいける場所なので、様々な季節で覗いてみようと思います。
Commented by tanaka-kinoie at 2005-05-31 19:18
これってたまに入会案内がきます。
興味は持っているのですが私も近くなので体験したいと思ってました。
今度行って見ます。
Commented by satoshi_irei at 2005-05-31 19:56
田中さん、是非、行ってみてください。
すぐ横に釣り堀があり、スケボーの行ったり来たり、ゴーカートあり、
バッティングセンターありですので、楽しいですよ。
京成関屋の駅を出て目の前に展示場が見えます。
Commented by yamashita at 2005-06-04 19:40 x
伊礼様、先日はご来場ありがとうございます。畑のトマトときゅうりも順調です。またぜひご体感にお越しください。土日もあけていますので、田中様もぜひ。
Commented by satoshi_irei at 2005-06-04 20:09
山下さん、コメントありがとうございます。
いやいや、こんな近くにモデルハウスがあると
思わず引っ越してしまいそうなくらいです。
ところで,先日お話ししましたがヘチマの苗もらいませんか?


<< 窓辺の花台 建築知識の「住まいと家具」連載... >>