下関へ行ってきました。
5/14日はシンポジウムの前に
安成グループの「そーれきくがわ」のオープニングセレモニーに参加してきました。
「そーれ きくがわ」はプレカット工場とセルロースファイバーの断熱材を製造する工場。
地元の木質バイオマスの可能性を検証する施設といえます。

約200人〜250人の参加者だと思いますが、マスコミの方々も多数いらして盛大に行われました。
写真の板張りの建物が、「プレカット工場」の事務棟。
エコビルドという別会社を立ち上げ、地場材で家づくり、
地元の新聞でセルロースファイバーの断熱材をという安成さんの理想を実現する施設が揃いました。
やることがすごいですね。

b0014003_1126920.jpgb0014003_11264682.jpg












セルロースファイバーの稼働施設内の見学風景です。
地元から集められた新聞紙から、断熱性・吸放湿性に優れた断熱材を作っています。
それにしても、地元の大きな期待を感じさせるセレモニーでした。

b0014003_11262133.jpgb0014003_11263366.jpg












パネラーという大役を引き受けてしまったシンポジウムは
270人もの参加者の中、無事終了。
東京大学の坂本雄三さん初め、大先生方とご一緒させていただき、
たいへん緊張しました(笑)。

翌日は下の写真の現場へ。
今回の下関行きの3番目の目的は、「仮・安岡エコタウン」の仕事の打ち合わせ。
安成工務店が数年前から準備していたエコタウンが動き出します。

僕はその設計と住まい手参加のワークショップを担当。
エコタウンは安成工務店設計部と2人3脚で作り上げていきます・・・楽しみな仕事です。 伊礼智

b0014003_11551874.jpgb0014003_11552879.jpg
by satoshi_irei | 2005-05-17 12:06 | ・住まい・建築 | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/2745850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 三代目のダイアリー at 2005-05-24 15:29
タイトル : エコロジーと断熱
先日の下関出張での『そーれきくがわ』の見学です。 ここは化粧構造材のプレカット工場と屋根パネル、セルロースファイバー(デコス)の工場、他から成り立っています。 まずはセルロースファイバー断熱材の生産工場です。 テーマは『循環+地域』 セルロースは主に新聞紙の再生からなる断熱材です。 その材料を回収するNPO法人『e小日本きくがわ』が地元菊川町の自治体(PTA、自治会、老人会)から新聞紙を回収しています。 その新聞紙回収の見返りに地域通貨のエコロを発行します。 エコロは町内での買い物、...... more
Tracked from 三代目のダイアリー at 2005-05-30 08:02
タイトル : どこから来た材料なの?
どこから来た材料なの? それってどこが良いの? こんな質問をお客様から良く受けます。 最近、食品、食材に関しては天然、養殖、生産方法、産地表示など食品衛生法により厳しくなっていま す。 これらと比べるのは無理がありますがそんな点で建築は遅れている気がします。 シックハウス対策により合板や一般建材類の化学物質含有量などの規制はありますが無垢材や構造材の産地、性能表示などは浸透していません。 ユーザーは当然のごとく工務店は出所のわかった、良材を使っていると考えていますが実際は材木屋任せであった...... more
Commented by koba at 2005-05-17 20:19 x
写真が綺麗ですね!
ビデオブログもよろしくです。
Commented by satoshi_irei at 2005-05-18 09:53
こんにちは。
たいへん興味があリますが・・・うちはマックなんですよ。
残念です。


<< 沖縄のビール 「ニヘデビール」 ネコの骨折・・・その後 >>