ソーラータウン久米川 2016
新建築・住宅特集8月号は庭特集、琵琶湖湖畔の家が掲載される。
更に、時間が経った庭も掲載したとの事で
「ソーラータウン久米川」を14年ぶりに掲載していただく事になった。

今日は炎天下の中、久々にソーラータウン久米川に出かけ、
何枚か写真を撮らせていただいた。

木々は程よく成長して景観を創り出していた。
分譲住宅という家づくりは経済効率が優先する世界で、
売らんがための眼を引く、表層的な処理はするが、
住み心地や景観を考えた設計はほとんどなされない。

ソーラータウン久米川では、亡くなられた建築家・永田昌民さんの一声で、
ひと区画当たり樹木を数本植えて販売した・・・
そんな事、無謀だという人もいたが、月日が経ってみると正解だったと思う。
分譲住宅こそ、外構設計が大事なのだ。

竣工当時のソーラータウン久米川



b0014003_16304773.jpg
b0014003_16312236.jpg
b0014003_16334121.jpg
b0014003_16345587.jpg




■伊礼智設計室では若い方、学生向けにオープンデスクを受け付けます。
 住宅をメインとする建築家のありのままの事務所の姿を経験していただければと思います。
 
受け入れ条件
* 25歳まで!男女問わず。
* 伊礼智設計室の作風が好きな方。
* 健康(精神的にも)な方
* 2週間〜、フルタイム来ていただける方。空き時間だけという方はご遠慮ください。
* 就業時間は9時半からから7時半(定時)まで
 (夜も遅くまでということもあり得ます、徹夜はありません、笑)。
* タバコを吸わない方
* スケッチか模型作製、どちらかうまい人
*期間は2週間を目処にフルタイム来ることができる方(必須)
 たまに事務所の「まかない」(無料)あります。

*連絡先 irei@interlink.or.jp 伊礼智まで 



(有)伊礼智設計室
住所:〒171−0031 東京都豊島区目白3−20−24
電話:03−3565−7344(FAXとも)
メール:irei@interlink.or.jp



i-works project ホームページ
アマゾン 伊礼智の小さな家・70のレシピ
アマゾン 「伊礼智の住宅設計」(エクスナレッジ)の申し込みはこちらから
アマゾン 「伊礼智の住宅設計作法」(アース工房) ご購入はこちらから

伊礼智設計室プロフィール
設計条件
主な仕事



face book
twitter

「伊礼智の住宅設計作法」は建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2016-07-02 16:35 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/25972999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 伊礼智展 開催しました。 寒いのでカレー鍋 >>