寒い日は、手早くできて美味しいピエンロー鍋
今日は新人候補が二人そろい踏みで久々の5人体制、
午後に取材もあるのでピエンロー鍋。
中国の鍋で、妹尾河童さんが広めたお鍋。
豚肉と鶏肉、椎茸で白菜をたくさん食べるための鍋・・・ビーフンも入れます。
水炊きで、最後にたっぷりごま油をまぶす。
今回は残り物をいくつか入れています。

味付けは自分の器に塩と一味(七味でも何でもいいと思う)を入れ、
少量のスープで解いて具を食べる。
最後のおじやのためにできる限りスープを残すというのが河童ルール。
今日は春キャベツがあったので、白菜代わりに・・・・。

いつも思うのだけど、水炊きではなくて少し塩を入れていた方が、
より、美味しいように思う、笑。


b0014003_2105537.jpg








■伊礼智設計室では若い方、学生向けにオープンデスクを受け付けます。
 住宅をメインとする建築家のありのままの事務所の姿を経験していただければと思います。
 
受け入れ条件
* 25歳まで!男女問わず。
* 伊礼智設計室の作風が好きな方。
* 健康(精神的にも)な方
* 2週間〜、フルタイム来ていただける方。空き時間だけという方はご遠慮ください。
* 就業時間は9時半からから7時半(定時)まで
 (夜も遅くまでということもあり得ます、徹夜はありません、笑)。
* タバコを吸わない方
* スケッチか模型作製、どちらかうまい人
*期間は2週間を目処にフルタイム来ることができる方(必須)
 たまに事務所の「まかない」(無料)あります。

*連絡先 irei@interlink.or.jp 伊礼智まで 



(有)伊礼智設計室
住所:〒171−0031 東京都豊島区目白3−20−24
電話:03−3565−7344(FAXとも)
メール:irei@interlink.or.jp



i-works project ホームページ
アマゾン 伊礼智の小さな家・70のレシピ
アマゾン 「伊礼智の住宅設計」(エクスナレッジ)の申し込みはこちらから
アマゾン 「伊礼智の住宅設計作法」(アース工房) ご購入はこちらから

伊礼智設計室プロフィール
設計条件
主な仕事



face book
twitter

「伊礼智の住宅設計作法」は建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2016-06-15 21:01 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/25915449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 沖縄家庭料理を中心に ブラザー 複合コピー機の取材 >>