志木の家(2002) 4
b0014003_2032219.jpg

階段は単に上り下りする「もの」と考えるのはなくて、
移動する事によって、その空間を意識する、
あるいは楽しめるような「装置」として
デザインしなければいけないのでしょうね。

住宅の名作の中にも
ほれぼれする階段がいくつも
思い浮かびます。

いつもがんばろうと思いつつ、
でも、実際は無理をせず、
必要な範囲で、取り合いに気をつけて
納める程度にしています。

設計 伊礼智
   大原麻里(元 所員)
施工 相羽建設



b0014003_20321796.jpg
by satoshi_irei | 2004-09-14 20:36 | ・住まい・建築 | Comments(0)


<< 志木の家(2002) 5 志木の家(2002) 3 >>