猫の骨折騒動の顛末
うちの「黒」ちゃん(猫)が足を骨折してしまいました。
手術代、、、10万円だそうです。
外で遊んでいて、どこかから転落したらしい。

医者から、どうするか判断してほしい、、、ということで僕にいち任(自民党のようにはもめません)されました。
手術しなくても死ぬわけではない、、、とのことでしたが、まだ1才の若い猫です。
猫好きの長男はバイトでためたお金の中から「1万円出すよ」とのこと、
なんだかんだいいながら猫好きの次男は「500円くらいなら出してもいい」ということで、
手術しようと言うことになりました。

うちの猫はご近所に結構、お邪魔しているらしく、心配してくれている様子。
その中で、あるご近所の方が「カンパ」と言うことで封筒を持ってきてくれました。
お断りしたのですがどうしても手術の足しにしてほしい、、、
とのことで受け取らざるを得なかったようです。

封筒を開けてみると、なんと5万円も入っていました、、、大金過ぎます。
もちろんお返しにいったのですが、今度は逆に受け取ってもらえません。
いつも、黒と白には癒されているので、使ってほしいとのこと、、、。

先日、「工作員」が保育園にいく一瞬の間に行方不明騒ぎを起こしたときも、
結局、このお宅に上がり込んで「おそば」をごちそうになっていました。

ここのおじいちゃんが、いつも話しかけてきて「うんちく」をたれる「工作員」を
気に入ってくれていることも要因らしいです。
下町は子供と猫(ペット)がコミュニティの中で大きな役割を担っているのかもしれません。

それにしても5万円分のお礼をどうやってお返ししようか、、、、
「オキナワの家」30冊差し上げたら、、、迷惑だろうなあ!!   伊礼智
by satoshi_irei | 2005-04-20 19:58 | ・住まい・建築 | Comments(4)
Commented by tokyomachiya at 2005-04-20 20:57
今頃、三男の工作員は、黒ちゃんのためにせっせと偽札を造っているんだろうな。明日の朝、ポンと100万円の束を渡して、「これ、黒の手術の足しにしてくんな!」なんてタンカきるんじゃないかな。
素適な兄弟ですね。後は、大蔵省のはんこをもらうだけです。
Commented by kazuo-nakazato at 2005-04-21 20:36
ご近所付き合いが今の時代にしてはすばらしいですね。
本当はこういうふうにして子供は社会性を身に着けていくと思うの
ですけど。
Commented by hinata_gkc at 2005-04-22 23:57
うちのゴローもご近所付き合いが上手でした。
勝手に入り込み、ぬいぐるみを持って帰ってくる…、
僕も隣のネコがきたら入れてあげるだろうし、
お隣のおじいさんの想いがよくわかるような気がします。

はやく黒ちゃんがよくなりますように!
Commented by satoshi_irei at 2005-04-23 09:49
そのカンパの話はおじいちゃんには内緒(笑)らしいです!!


<< 江戸川ソーラーキャット、、、今... ちゃたんの塩 >>