設計の標準化
建築界では設計を標準化すること、ディテールを標準化することに
まだまだ、懐疑的な方が多いと思います。

社会的に確かな仕事をするために、
より、新しいチャレンジの時間とエネルギーを作り出すために
それは必要だと、15年程前から設計の標準化について語ってきました。

いろいろと訝しがる方もいましたが、
内藤廣さんがこのようなディテールの標準化への取組みを語ってくれると、
建築家が自分の価値観を、標準化することの意味が、
普通に伝わるのではないかと思います。

画像はディテールの最新号、80ページ。
僕は僕で、52ページから57ページで設計の標準化の有効性を語っています。
自分が理想とする建築像のピースを延々と探し求めているのです。



b0014003_2136197.jpg










(有)伊礼智設計室
住所:〒171−0031 東京都豊島区目白3−20−24
電話:03−3565−7344(FAXとも)
メール:irei@interlink.or.jp



i-works project ホームページ
アマゾン 伊礼智の小さな家・70のレシピ
アマゾン 「伊礼智の住宅設計」(エクスナレッジ)の申し込みはこちらから
アマゾン 「伊礼智の住宅設計作法」(アース工房) ご購入はこちらから

伊礼智設計室プロフィール
設計条件
主な仕事

face book
twitter

「伊礼智の住宅設計作法」は建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2015-10-01 21:38 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/24952891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 群馬・藤岡の家 秋刀魚女子!! >>