名古屋ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展
東京に戻る前にボストン美術館にて「華麗なるジャポニスム」展を見ました。
1年間掛けて修復されたモネのラ・ジャポネーズをメインに
日本の浮世絵が西洋に与えた影響を概観します。

歌川広重の絵の素晴らしさを再認識できたことも収穫でした。


b0014003_15504387.jpg










(有)伊礼智設計室
住所:〒171−0031 東京都豊島区目白3−20−24
電話:03−3565−7344(FAXとも)
メール:irei@interlink.or.jp



i-works project ホームページ
アマゾン 伊礼智の小さな家・70のレシピ
アマゾン 「伊礼智の住宅設計」(エクスナレッジ)の申し込みはこちらから
アマゾン 「伊礼智の住宅設計作法」(アース工房) ご購入はこちらから

伊礼智設計室プロフィール
設計条件
主な仕事

face book
twitter

「伊礼智の住宅設計作法」は建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2015-02-08 17:28 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/24108642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-03-03 15:42
タイトル : 日本趣味。西洋人をとらえた魅力とその盛衰
ジャポニスム Japonism  東京の世田谷美術館で「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展~印象派を魅了した日本の美」と題した美術展が水彩されました。この美術展は9月30日~11月30日まで京都市美術館、1月2日~5月10日まで名古屋ボスト受術美術館を巡回する予定になっています。この機会にジャポニスムのどこが西洋人を魅了し、とのにように西洋美術に影響を与えたのかを整理してみました。 Parisians saw their first formal exhibition of Japa...... more


<< 三井ガーデンホテル京都 新町別... 建築コンクール 最優秀賞決定 >>