布田の家    軒先を低く抑える
南側の軒先をぐっと低く抑えて、通りになじませようとしています。
OMの集熱のために大屋根でいきたいと考えていて、その上で少しでも小さく見せようという狙いでした。
大屋根でなく棟違いでより小さくまとめても、OM的に十分な集熱ができたのではないか、、、
など、出来上がってみて、ながめつつ、あるいは写真を見ながら
検討してみるのも必要な事ですね。 
布田の家はきちんとした写真ができましたら、新たにアップしていきたいと思います。   伊礼智

b0014003_16373132.jpgb0014003_16375922.jpgb0014003_16381034.jpgb0014003_16374441.jpg
by satoshi_irei | 2005-03-28 16:46 | ・住まい・建築 | Comments(10)
Commented by tokyomachiya at 2005-03-28 17:38
僕は、大屋根で正解だったと思います。
この軒の高さは、丁度町家の高さに近い、安心感と親しみがあります。
吹抜けも、丁度よい抑え目にまとまったと思っています。
中も外も威張っていないところが、とても好感をもてます。
絶妙な高さだと感心して見ていました。
OMの為にこうなったとは思えません。
Commented by satoshi_irei at 2005-03-28 17:57
ご両親側の屋根を棟違いにして、OMの集熱面を少し減らしてもいいことを考えるともっと小さめの家にできたでしょう。
ソーラーでなければ自然とそうなっていたかもしれません。
最近、OMの屋根で苦しめられる事が多いものですから、、、都市でOMは簡単ではないですね。
Commented by tanaka-kinoie at 2005-03-28 20:05
土日打合せが長引き、調布までは辿り着けませんでした。
残念です。
Commented by satoshi_irei at 2005-03-28 20:07
田中さん、愛知万博にいったかと思っていました(笑い)。
Commented by kazuo-nakazato at 2005-03-28 20:18
この塀の作り方を真似させていただきます。
監督と大工で固定方法・寸法などをきっちりとゲットしました。
何か詮索と盗みに行ったようですが(笑)、ちゃんと勉強させてもらいました。感謝です。
Commented by satoshi_irei at 2005-03-28 20:35
中里さん、どうぞどうぞ。わかる人は盗んでいただいて結構です(たいした事ないのですが)。
昔、清家先生が人にまねしてもらえないものなんて、、、、みたいな事を書いていたように記憶しています。今月の住宅特集は清家先生の
代表作を取り上げています。感動もの、、、野沢さんも論文を書いています。清家先生にも大きな影響を受けたと思っています。
天井までの建具、空間の連続性など、、、懐かしいですね。
Commented by studio-tsumugi at 2005-03-28 22:03
とても心地よく、しかも伸び伸びとさせて頂きました。
文字でしか知らなかった方々ともお目に掛かることができて
とても収穫の多い見学会でした。
松長さん、ディテールへの質問に丁寧にお答え頂きありがとうございました。
また、次の見学会も楽しみにしています!
Commented by u-och at 2005-03-29 13:33
打ち合わせが入ってしまい、伺えませんでした。残念!
次回は是非お邪魔させて戴きます。
Commented by shin_kondo at 2005-03-29 16:59
野暮用で伺えませんでした。このお宅、ぜひ拝見したいと思っていましたが・・
本当に残念でなりません。・・・・いいなあ、中里さん・・・
Commented by satoshi_irei at 2005-03-29 19:40
皆さん、お忙しいところありがとうございました。
次は4/9、10に東京町家「石神井の家」、4/16日は国立のヒンプンハウス(OM研究所主催)、4/16、17日阿佐ヶ谷の「成田東の家」となります。重なって大変です。


<< 信州型ペレットストーブの検収に... 布田の家   お母さんのお茶室 >>