七輪があれば京都議定書も怖くない。
b0014003_10384520.jpg日曜日は久しぶりに休み。
天気もいいのでバーベキューにしようと準備したところで、
なんと雪に変わってしました。

そこで、急遽、七輪で「室内バーベキュー」。
驚いたのが炭の使用量、、、いつもの1/8くらいで済んでしまった。
七輪は「楽しめる省エネグッツ」なんですね。






考えてみれば、珪藻土の固まりでできた七輪はボディからあまり放熱しない。
触ることができる程度の熱さで、ほとんどの熱が上部へ抜けている事、
食べる速度にあった量だけ焼けるので、熱を効率よく調理に使っているのでしょう。

とにかく、炭が少なくていいです。
これからは「外バーベキュー」もちょっと大きめの七輪を買ってやろうという事になりました。

仕事では「OMソーラー」の家を、プライベートでは「七輪」を、、、
これで、京都議定書をクリアする事も楽勝か?       伊礼智
by satoshi_irei | 2005-03-14 10:48 | ・住まい・建築 | Comments(9)
Commented by tokyomachiya at 2005-03-14 14:11
「ちょっと大きめの七輪」って言うのが無いんですよね。
先日、秋刀魚がそのまま焼けると言う横長タイプを見つけたのですが、1万円もしました。また、ちょっと重たかった。
Commented by satoshi_irei at 2005-03-14 17:13
ひとまわり大きいもので十分なんですけどね。
あるいは高千穂さんあたりと組んで、シラスで七輪作ろうかなあ
Commented by kazuo-nakazato at 2005-03-14 18:32
子供のころよく、七輪でサンマを焼いていて一酸化炭素中毒で死んだ、という事件を聞きました。
踏み切りの監視員小屋(昔はよくありましたが)での事件も覚えています。車の中に持ち込んで自殺した人もいましたね。
伊礼さん、ご注意を!(脅かしているわけでは・・・笑)
Commented by satoshi_irei at 2005-03-14 19:49
隙間だらけの家である事、換気扇はまわしているので大丈夫です(笑い)。
Commented by hashibamig at 2005-03-15 01:26
似たようなものなのに、バーベキューより七輪のほうがおいしいですよね。焼き鳥なんて全然違う。なぜ?
Commented by tokyomachiya at 2005-03-15 20:01
七輪が好きな一番の理由は、洗わなくて良いこと!秋刀魚を焼いても骨付きカルビを焼いても、全然べたべたしない。そのまま納戸に仕舞っても、次使うときには臭いもベタベタも無い。これって優れもの。いっそ、七輪で住宅をつくったら快適なんじゃないかな。「完璧!耐火住宅」で売り出そうか。 キャッチフレーズは「お宅は家の中で焚き火しないんですか?美味しい焼いもが出来るのに!」
Commented by satoshi_irei at 2005-03-15 20:20
僕が小さい頃、実家にモルタルか、土を固めた「かまど」が残っていました。あれは造り付けの七輪と言えますね。
それを暖房にも使おうとするとオンドルの世界ですね。

とにかくですね、西洋のバーベキュウ装置使うより、炭の量がまるで少ないのですよ。今度、七輪パーティしたいくらいです。
Commented by tokyomachiya at 2005-03-16 00:14
一時期、七輪に凝っていた事があります。
車のトランクには、折りたたみベンチテーブルと七輪は常備していました。車で走っていて、川原や草っ原を見つけると、肉屋・魚屋を探していました。
僕の七輪料理BEST3は、骨付かルビ、さんま、塩水椎茸です。
はじめは面白がっていた家族も、だんだん飽きてきて、いつの間にかトランクから七輪が消えました。
Commented by satoshi_irei at 2005-03-16 19:49
迎川さん、京都議定書発効されましたから、また復活させてください。
うちはもうひとつ買って「デュアル七輪」やります。


<< 路上採取       乗りたく... 路上採取     暗雲立ちこめ... >>