住宅建築家・3者3様の流儀 座談会

b0014003_2020450.jpg

昨晩は住宅建築家・3者3様の流儀の座談会(中村好文 竹原義二 伊礼智)。
昨年のイベントに、座談会を交えて本をにまとめようという魂胆です。
ちゃんとまじめに2時間ほど座談会の後で飲み会に突入。
楽しすぎるひとときとなりました。

どうしてこの3人なのか?・・・
中村さんによると、「住宅を主戦場」にしていることとのこと。
「住宅を表現の手段ではなく、
暮らしの器として取り組んでいること」も付け加えたいとも思います。

さらに中村さんは「ざっくばらんにつき合える」からだそうです。
その「ざっくばらんさ」が脱線に脱線を重ねて、きちんとまとまるかどうか?

話はあちこちに飛び、その中で印象深いことは
「絵心、歌心と同じように建築心というものがあると思う」という中村さんの言葉ですが
学歴・手先が器用・頭がいいとかではなく、
建築心(けんちくごころ)があるかどうかが建築家として重要なのだそうです。

それが具体的にどういうものなのか・・・次回に持ち越しとなりました。










(有)伊礼智設計室
住所:〒171−0031 東京都豊島区目白3−20−24
電話:03−3565−7344(FAXとも)
メール:irei@interlink.or.jp



i-works project ホームページ
アマゾン 「伊礼智の住宅設計」(エクスナレッジ)の申し込みはこちらから
アマゾン 「伊礼智の住宅設計作法」(アース工房) ご購入はこちらから

伊礼智設計室プロフィール
主な仕事

face book
twitter

「伊礼智の住宅設計作法」は建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2014-02-25 20:01 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/22135261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< タニタハウジングウエアの屋根材 建築知識ビルダーズ 16 >>