茅ヶ崎の家    自分の住処を見下ろす感じ。
b0014003_20131175.jpg




















個人的に、吹き抜けから見下ろす感じのアングルの写真が好きです。
なぜだろう?と考えてみると、
自分の住処(すみか)を俯瞰する感じ、、、ちょっと他者的に見れる、
客観的に見れるようなところではないかと思います。

確か、林昌二さん、雅子さんが自分の家の内部から、
自分の家の外観の一部が見えるのはいいというような記事を読んだ記憶がありますが、
なんだか、似たような感じがするのです。

時々、あるいはいつも、自分を客観的に見てみるというのはいい事なのかもしれません。
雑誌に発表するなんて言うのも同じ事ですね。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 松長浩子)
施工:安池建設(監督、平野千寿)
by satoshi_irei | 2005-03-05 20:25 | ・住まい・建築 | Comments(0)


<< 茅ヶ崎の家    ロフトへの階段 茅ヶ崎の家     バルコニー... >>