小平の家      空間の奥行き
*空間の奥行き

この家のテーマは空間のボリューム。
その中で大事なことに奥行きを創ることがある。

低い天井の高さは2100。空間に圧力をかけることで、数字以上に広さを感じる。
かけた圧力を逃がすために、対角線に視界が抜けること、
オープン棚の背板も壁と同じ色にして、抜けた感じを出す、、、そんな積み重ねが効いてくる。

しかし、2100の天井を了解してもらうことから大変かもしれない(笑い)。
*小平の家の2階の床面積は13、5坪です。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:相羽建設(監督 相田隆行)

b0014003_2216820.jpgb0014003_22162155.jpg
by satoshi_irei | 2005-02-28 22:25 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/2145371
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hinata_gkc at 2005-02-28 23:20
やっぱ本棚がいいですね。
どんな本を並べるんでしょうか…
Commented by satoshi_irei at 2005-03-01 09:34
こんにちは、
ピアノやらテレビやら本、、、もろもろです。


<< 「建築設計資料」 OMソーラーの建築 小平の家  空間のボリュームに... >>