建築コンクール 解題シンポジウム終了
昨日は住宅デザイン学校・設計教室後期授業開始
&建築コンクール・解題シンポジウム。

日程を間違えて重なってしまい冷や汗ものでしたが、
懇親会を一緒にやれるという、
デザイン学校の生徒さんにとっても、良い結果となったのではないでしょうか?

中村好文さんや古谷誠章さんともご一緒できて、
今年も交流会まで参加頂いた栗生明さんには
ひとりひとり声を掛けて頂き、嬉しい限りです。
良い日だったなあ・・・。

「翔んでる建築」とはどんなものか?
古谷さんはこれまでの建築の概念を超えたものとして、
これまでのご自分の事例を紹介していただきました。
古谷さんらしい、壮大な案で、なかなか他の人にはできないだろうなあ?(笑)。

中村さんは軽やかに逸脱しているものとのこと・・・中村さんらしくて納得。

僕はといえば、「粋」であること・・・
壮大な案でなくても良くて、「粋で普通ではない、普通を逸脱しているもの」と考えます。

結局は、毎年そうですが、我々の想像を超えていること(爆笑)となります。


b0014003_10315561.jpg










(有)伊礼智設計室
住所:〒171−0031 東京都豊島区目白3−20−24
電話:03−3565−7344(FAXとも)
メール:irei@interlink.or.jp



i-works project ホームページ
アマゾン 「伊礼智の住宅設計」(エクスナレッジ)の申し込みはこちらから
アマゾン 「伊礼智の住宅設計作法」(アース工房) ご購入はこちらから

伊礼智設計室プロフィール
主な仕事

face book
twitter

「伊礼智の住宅設計作法」は建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2013-10-25 10:32 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/21345918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 塗り分けた意味? 熊本の家 >>