高岡の家、ほぼ完成。
富山・高岡の家(延べ床面積40坪の終の住み処)

設計:伊礼智設計室(伊礼智 小倉奈央子)
   2014年度の富山建築賞、優秀賞をいただきました。
施工:ミヤワキホーム
造園:荻野寿也
写真:伊礼智

富山・高岡の家がほぼ、完成しました。
あとはリビングのストーブ横へ「たためるソファ」,「テレビ台」、
和室に「文机」が来るのを待つのみ。

仕事の打ち上げを兼ねて最終のチェックへいってきました。
今回は天気が悪く、室内だけ、きちんと撮影をさせて頂きました。

宮脇社長の住まいとして設計されているのですが、
当分の間、モデルハウスとして公開されます。
子育てを終えた、ご夫婦の「終の住み処」というテーマ。
コンパクトでありながらも、これから先の人生を楽しめる住まいの提案です。
3人の子ども達が、家族を連れて帰ってきたときも
家族の帰る場所として2階に小さな部屋を用意してあります。

また、工務店として地域に繋がり、地域の文化に貢献ができるように、
この住まいは地域の「ものつくり人」や大学に開放され、
様々なイベントで利用できるようにと考えています。

外観・外回りの様子はこちらから

b0014003_17421920.jpg

リビングの家具デザインは
家具デザインナーであり、富山大学教授、「たためる椅子」の制作でおなじみの丸谷芳正さん。
スタンドは吉村順三さんの山荘のスタンドを復活、ダイニングテーブルは地桜。
普段は小さなラウンドテーブル、必要に応じて楕円形に伸び縮みします。

ストーブはシモタニのペレットストーブ。
2階の天井に仕込まれた軸流ファンで、
空気を回収して床下に送り込み、上下の温度差の解消と、1階床の底冷え対策としています。

b0014003_17463464.jpg
b0014003_17465832.jpg
地元の木を活かしたい・・・という要望で、
あえて真壁にせず、木の柔らかさを表現するために
大梁を避けるようにアールの天井を創りました。

b0014003_17484998.jpg
b0014003_17493483.jpg

キッチンはぐるっと廻れる動線を持ち、
リビングにも水廻りにも動きやすく、ストレスを少なくしてあります。

b0014003_1750216.jpgb0014003_17502346.jpg


リビングの横は階段を挟んで寝室でもある和室。
階段下の小さな書斎ともつながり、リビングへ抜けられます。
襖の絵は富山大学の学生が書いてくれました。


b0014003_1756273.jpgb0014003_17561631.jpg


キッチンの北側は水廻り・・・桧の板張りです。

b0014003_17583739.jpgb0014003_17584725.jpg

2階には3部屋要されています。
吹き抜けとつながる部屋は襖で仕切ることができます。

b0014003_181891.jpg
天井を低く抑え、柱・梁を見せた9畳の広間も2つに仕切ることができ、
合計3部屋の予備室となります。
b0014003_1822384.jpgb0014003_182888.jpg

1階に戻って、開口部の話を・・・。
2間幅の木製建具はフルオープン可能、アミ付きガラリ戸+ペガラス戸+障子の構成。

b0014003_1892730.jpg
b0014003_18102069.jpg

b0014003_18314097.jpg


ガレージからアプローチできる納戸と
その脇には洗濯室があります。
ここにも小型のシモタニのペレットストーブが設置させていて、
洗濯物を乾かしながら、家を温めます。
その暖かい空気は2階で回収されて床下へ送り込まれます。

b0014003_10533023.jpg


外廻りはもう冬支度、昨日の雪がちょっと残っていました。
造園はこちらも荻野寿也さん。
荻野さんが宮脇社長に話した言葉・・・
「高岡の寒さに耐えてがんばるよう、木々たちに言い聞かせてありますから・・・」とのこと。
荻野さんの仕事に対する厳しさと同時に暖かさを感じる言葉です。

それにしても建築は生きものですね!!
内外ともに、時間とともに変化していくことでしょう。

b0014003_18224943.jpg


i-works project  「標準化」から生まれる豊かな住まい
アマゾン 「伊礼智の住宅設計」(エクスナレッジ)の申し込みはこちらから
アマゾン 「伊礼智の住宅設計作法」(アース工房) ご購入はこちらから

伊礼智設計室プロフィール
主な仕事

face book
twitter

「伊礼智の住宅設計作法」は建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2012-12-25 17:51 | ・富山 高岡の家 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/19725140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 素材巡礼のご案内。 建築知識 2013年1月号 >>