吉村順三の軽井沢の山荘の2階のテラス(バルコニー)
今日で前期の授業も終わり・・・とても嬉しい。
授業の合間にちらっと覗いた「新建築・住宅特集7月号」。
コラム:住宅の設計力「空間に響くディテール」を
生田京子さん(名古屋大学准教授)が担当している。

吉村順三さんの軽井沢の山荘の2階のテラスに関する言及がいい。
「人が乗ることが前提となっていないテラス」と言い切る。

出が500ミリしかない。
これが人が乗る事を前提とした深さがあったなら、
居間と景色の距離が遠くなってこの建築の魅力は半減しただろう。
テラスを無くすとするとしっかりした手すりか
ガラスの境界を設けることになるだろう・・・これも魅力がどうか?。

周辺の環境と一体になるためのちょっとだけ持ち出したテラス、丸太の手すり・・・
これが簡素ながらも考え抜かれた空間に響くディテールではないか?という内容。

あの山荘の2階のテラス(バルコニー)を
人が乗るためのものではないと言い切った人は初めてではないか?

吉村先生ご本人が
どのような意図で設計したかも大事ですが、
受け取る側が自由に解釈するというのも楽しい。













i-works project  パッケージ化された伊礼智の住宅
アマゾン 「伊礼智の住宅設計」の申し込みはこちらから
伊礼智設計室プロフィール
主な仕事

face book
twitter
住宅デザイン学校のご案内
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
「伊礼智の住宅設計作法」は建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
小さな家。計画 アマゾンサイト ご購入はこちらからどうぞ



ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2012-07-30 21:16 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/18751214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 暑中見舞い 8月3日、4日は全国健康住宅サ... >>