あまぐもかかる富士
名古屋で建築コンクールの審査を終え
東京に向かっています。
途中の富士がすばらしい。
今日はこれから住宅建築誌主催の講演会。


b0014003_21251032.jpg
by satoshi_irei | 2012-04-22 11:42 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/18175470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by momuzou000 at 2012-04-23 20:16
はじめまして。22日のセミナーに参加した者です。アンケートをほぼ白紙でだしてしまったので(スミマセン)感想を伝えさせていただきます。
お話を聞いていて、子供のころに遊んでいた祖父母の家を思い出しました。3畳ほどの小さな祖父の書斎(最も日当たりがよく、最も庭に近い場所にあり、私の一番のお気に入りの場所でした)、ちいさな家なのになぜか階段がふたつあり、家中を上下に走り回っていたことなど、とても楽しい思い出です。
最近の家の間取りは「どうせワンルームが一番使い勝手いいんだから、みんなワンルームで同じ間取りにすればいいのに」と考えていたぐらいでしたが(笑)、考え方ひとつでもっと住まいを楽しめるんだと感じました。
家をいつか建てたいとおもっていますが、いまのところ全く予定はありません。でも、毎日の生活で光の取り入れ方、家具の置き方、緑の入れ方など日々の生活にやさしい陰影が出せるような気がしました。これからもますますのご活躍をお祈りしています。ブログもとても楽しんでます。(長々とスミマセン。。。。)
Commented by satoshi_irei at 2012-04-28 21:13
momuzou000さん
コメントありがとうございました。
22日いらしたのですね・・・本当にありがとうございました。
飲み会みたいなセミナーでしたが(笑)。
住まいは愉しくありたいと考えています。
建築は難しく語る必要はないですが、
奥深いものでありたいとは思います・・・実際そうです。


<< 近江巡業 住宅建築2012年6月号 >>