癒しの湯・高蔵内源泉(omソーラー搭載の温泉旅館)9 カワセミの見える客室
b0014003_9495657.jpgb0014003_94923100.jpgb0014003_9524473.jpg







b0014003_9493432.jpg客室と客室付きの露天風呂、下の写真が1階の宴会場です。
客室は湯治用の自炊部屋を除けばすべて川に面しています。
川のせせらぎを聞きながら、
カワセミなどバードウォッチングが楽しめます。



OMソーラーと自然素材を取り入れた旅館にしたいという事でしたが
予算の関係で全体をOMの対象にできませんでした。
そこで、廊下や共有部分をOMで暖め、「熱的なバリアフリー」を実現する、、、
つまり、客室のみでなく廊下の床の底冷えをなくしてより快適な旅館にする事を提案。
その結果、福島県の経営革新法(だったかな?)で低利子の融資を引き当てる事ができました。

癒しの湯・高蔵内源泉(たかぞううちげんせん)
tel 0247-26-5111 福島県石川郡石川町大字母畑字湯前32-1

設計:伊礼智設計室
by satoshi_irei | 2005-01-19 10:07 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/1766962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from OMソーラーの家「東京町家」 at 2005-01-30 21:50
タイトル : 高蔵内源泉のお風呂
癒しの湯・高蔵内源泉(omソーラー搭載の温泉旅館)9 カワセミの見える客室 伊礼さん、高蔵内源泉もう終わっちゃうんですか?温泉紹介してお風呂を写さないなんて・・・。わかりました、僕がピンチヒッターで紹介します。 とっても開放的で日が良く入り、気持ちが良い温泉です。板の袖壁で外部の視線を切って、開放的にしています。 写真に写っていませんが、サッシの向こうはベランダ状になっていて、階段で下がって露天風呂になっています。大きな樽が置いてあり、それが浴槽。野趣あふれる浴槽は低予算から来る苦肉の策。伊礼さ...... more
Commented by tokyomachiya at 2005-01-19 13:47
右上の写真、木の桶です。
誰ですか、手にとってお湯被ろうとしているのは。
ここに浸かるんです。
これで、マンションのベランダでも露天風呂気分。
露天風呂が無くちゃ温泉ギャルが来ない!
伊礼智の低予算解消マジックでした。
Commented by satoshi_irei at 2005-01-31 15:56
迎川さん、助かります。
お風呂の写真、湯気でみんなダメでした(笑い)。
大浴場は既存をタイルなどを張り替えて、脱衣場もちょっとだけの工夫で押さえ、新規で露天風呂を低い位置に作りました。
理由は迎川さんの、指摘通り!!


<< ある日の昼餐 癒しの湯・高蔵内源泉(omソー... >>