癒しの湯・高蔵内源泉(omソーラー搭載の温泉旅館)8 ティールーム
b0014003_18422287.jpg



















b0014003_18571859.jpg






















ティールームにはポット式の石油ストーブがあります。
床はテラコッタタイル。壁は火山灰を主原料に、調湿・消臭効果の高い
左官材・薩摩中霧島壁。天井はケナフクロスです。
上の写真の中央がフロント・・・地元福島のお土産品も揃っております。
下の写真の奥が「東京町家」の迎川さん、「ソーラータウン」のバス旅行の時の写真です。

癒しの湯・高蔵内源泉(たかぞううちげんせん)
tel 0247-26-5111 福島県石川郡石川町大字母畑字湯前32-1

設計:伊礼智設計室
by satoshi_irei | 2005-01-18 18:46 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/1760065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2005-01-18 20:14
いやいや、すっぴん&裸足で登場してしまいましたね。
4月とはいえ、まだ寒い時期でしたが、OMソーラーで床が暖かいので、ついついこんなリラックスした格好で失礼します。
天然ラドンは、浸かるのではなく気管支から吸い込んだ方が沢山被爆できるとか・・・。OMソーラーなので、部屋で寝ていても被爆します。(笑)
Commented by satoshi_irei at 2005-01-18 20:27
本当にそうなんですよ。風呂に浸かっても、使っていなくてもラドン三昧です。ラドンで被爆して、体の中のホメオスタシス(復活するちから)を利用していくのが湯治ですね。


<< 癒しの湯・高蔵内源泉(omソー... 癒しの湯・高蔵内源泉(omソー... >>