パッシブデザインコンペ終了
昨日はパッシブデザインコンペの公開審査、お誘いを受けて出かけてみた。
野沢正光審査委員長をはじめ、難波和彦、中村好文、小林光、清家剛、中野淳太、
テレビでおなじみの涌井史郎・・・とにかく、審査員が豪華。

3,11以降、日本の価値観が大きく変わりつつある。
「パッシブデザイン」の概念、受け取られ方も変わるだろう。

「パッシブデザインというものが一種の趣味的な位置づけだったのが、
一転してシリアスなテーマになった」(難波和彦)こと、だからこそ、やっぱり、
「住宅を芸術的な表現の場とするのではなくて、働く場にしたい」(中村好文)と思うし、
より多くの便利さや成長を求めるのではなくて、
これからの時代は「豊かさを深める時代」(涌井史郎)であり、
「社会に閉じない建築」(涌井史郎)を考えることが「パッシブデザイン」とは何か?
何をデザインすればいいのか?を考えることなのだろう。

「パッシブデザイン協議会」が発足される・・・興味のある方は是非、ご参加願いたい。
詳しくはこちらから
*手元の資料では個人会員は無料らしい(笑)












伊礼智設計室プロフィール
主な仕事

face bookはこちらから
twitter

プロダクト住宅「i-works・15坪の家」の動画配信
i-works1・5坪の家の実物はこちらから

「小さな家。ネット」会員募集中
小さな家。計画 HPはこちらから

伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
「伊礼智の住宅設計作法」は建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
小さな家。計画 アマゾンサイト ご購入はこちらからどうぞ



ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2011-07-14 17:08 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/15941983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 薩摩中霧島壁・伊礼智設計室の標... 葉山の家・オープンハウスのお知... >>