住宅産業大予則2011
b0014003_1142217.jpg

昨年から歳の始め(暮れ?)にこの本を読むのが恒例となってしまいました。
「伊礼智の住宅設計作法」をプロディースしてくれた
新建ハウジングの編集長、三浦祐成さんの労作です。
確か、ひとりで執筆していると聞いていたのですが・・・今回もそうなんだろうか?

これ1冊で住宅産業の動向が概観できます。
工務店はもちろん、特に世間知らずな建築家に向く!(爆笑)
三浦さんの巻頭言、「理念経営のすすめ」は秀逸。
生き残るためのたった3つののこと・・・
利他の精神を持つ、プロフェッショナルになること、価値観を明確にすることを
「もしドラ」とサンデル教授の「白熱教室」を切り口に解説していきます。

「実務に生かすドラッカーの名言」では
決して読みやすいとは言えないドラッカー本の中から、
ドラッカーのエッセンスをかみ砕いて、工務店経営向けに解説、
その勢いで「もし、工務店の2代目が「もしドラ」を読んだら」というケーススタディまで・・・
いたれりつくせりな内容となっています。

工務店を鹿児島の「シンケン」(迫英徳社長)のレベルに少しでも近づけたい・・・
そんな共感を持って読みました。

しかし、そうなると、設計事務所は驚異でしょうが・・・(笑)。

住宅産業大予測 発行:新建新聞社 1000円+税
取り寄せはこちらから
by satoshi_irei | 2011-01-12 12:00 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/14736809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Yan's diary at 2011-01-12 13:21
タイトル : 届きました
じっくり読み込みたいと思います。 住宅産業大予測2011... more
Commented by ame-no-michi at 2011-01-12 13:20
役に立つ内容です。
大予測というよりもバイブルといった感じでしょうか。
ちなみにサンデル教授の「白熱教室」1/3位読んだっきりで止まってしまっています(笑)。
Commented by 三浦 at 2011-01-13 06:25 x
ご紹介ありがとうございます。
長野本社から連絡があり、このブログで紹介されたとたん、注文が相次いだとのこと。すごい影響力。感謝です。
今回もほぼ一人で、書きたいことを書きました。言ってみれば僕のわがまま企画です(笑)
Commented by satoshi_irei at 2011-01-13 09:39
谷田さん
数年前にタニタにお伺いしたときに、
ドラッカーの「5つの質問」が貼られていましたね。
三浦さんとはドラッカー繋がりだったんですね。
Commented by satoshi_irei at 2011-01-13 09:46
三浦さん
ツイッターで「みなみ」さんという女性らしき方が
「三浦祐成さん気になります」とつぶやいていましたよ(笑)。
「みなみ」・・・「もしドラ」っぽくていいですね。


<< バリの風景1 インターコンチネ... OMソーラー新規会員工務店募集... >>