omソーラーハウス 逗子の家(2003) 2 リビング
b0014003_20121542.jpg

木のテイストを残しつつも白い空間を望まれたクライアント、
壁・天井はルナファーザーのペンキ仕上げ、床は木曽の赤松でまとめてみました。

2階リビングでのomソーラーには補助暖房付き切り替えダンパーが欠かせません。
冬の朝、補助暖房時に室内へ吹き出し、室温を急速に上げて、
太陽が登る頃には、床下蓄熱モードに切り替えるという優れものです。
電動(タイマー付き)と手動が選べます。

手動にすると、ダンパーを半開きで止めることができ、
半分は室内吹き出し、半分は床下へ送り込むという使い方もできます。
電動と手動・・・どちらがいいか?・・・迷うところです。

設計・伊礼智(協力 椿千賀子)

b0014003_2072574.jpg

















b0014003_2073693.jpg
by satoshi_irei | 2004-08-28 20:11 | ・住まい・建築 | Comments(0)


<< omソーラーハウス 逗子の家(... omソーラーハウス 逗子の家(... >>