勉強し直す場を考える。
ここ数年、セミナーや講演会を頼まれる機会が増えた。
ぼくでいいのか?思いつつ、やれるだけの事はやろうと応答してきた。

たとえ大学を出ても常に学ぶ場が必要とされている。
先日もある建築専門誌が「学校」(社会人教育)を立ち上げるとのことで相談にきた。
メディアが社会人教育に関わることはとても自然な事だと思うし、
彼らの「強み」だと思う。

メディアが大学と組んで社会人教育に本格的に乗り出すと言うのもあり得ると思う。
実際にそのような可能性を口にする方もいる。
大学もメディアもそれぞれの強みが活かせるはずだ。

大学の若い学生の荒唐無稽な案もおもしろくて、得るものも多いけれど、
社会人を相手に現実的なアプローチで
スキルアップの手伝いをすることも悪くない。






twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-05-11 21:58 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/13288627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oremama at 2010-05-13 09:10
>社会人を相手に現実的なアプローチでスキルアップの手伝いをすることも悪くない。

悪いわけないです!!是非っ!
西の商都でもなんか出来へんかなぁ。と思う日々です。
Commented by kiyohara at 2010-05-13 13:15 x

私もこの仕事をしている限り、常に勉強し続けたいと思い、
昨年一年間、京都の鴨川建築塾で、学ばせていただきました。
今年は伊礼さんも講師で登場されるとちらっとお伺いしました。
OB生としてスポットで参加できるようなので、
行かせていただきます。
よろしくお願いします。



<< ドラッカー本を読め!! オープンハウスのご案内 タタミ... >>