i-works(omソーラーハウス)下里の家12 夏の工夫
b0014003_935443.jpg階段上部にはトップライトがあって、1階の方まで光を落とします。
トップライトは、このときは手動ですが、真夏の熱気を抜くこともできます。
2階リビングの家は屋根からの輻射熱と
住まいの中の家電などからの発生熱が上がってきて、
夏はかなり暑くなります。
ロフトがあることで、ロフトを熱だまりとして、
無双窓からトップライトを通して、空へ抜きます。




またロフトの奥にはOMソーラーシステムの心臓部とも言えるハンドリングボックスがあります。
その点検口を夏の間だけ開けておくと、小屋裏に設置した換気扇が作動して(40度前後で設定)
室内の熱気を外へ捨ててくれます。
そんな工夫で、少しでも、夏を快適に過ごせるようにしています。

設計:伊礼智/伊礼智設計室(担当 大原麻里 協力 椿千賀子)
施工:相羽建設(監督 渡邊拓也)

b0014003_935552.jpg
by SATOSHI_IREI | 2004-12-08 09:57 | ・住まい・建築 | Comments(0)


<< 路上採取   堂々たる酒屋の看板 i-works(omソーラーの... >>