たびたびの旅
OZONEのセミナー、茨城でのセミナーを終えたあと、
能登の百楽荘へ・・・戻ってきたかと思えば、
スタッフの結婚式(なんとか、泣かずに耐えた・・・)で軽井沢へ。
前の日から乗り込み、星のやに泊まる。

戻ってきて、日曜日の午前中に北鎌倉のプレゼン、午後は日吉で地鎮祭、
事務所に出てくるとメールや電話の応答の後、
週初めの事務所うち合わせ・スタッフとの個別うち合わせを済ませる。

来週から始まる授業・・・エクステリアの授業の第1回目の講義だが、
中村好文さんのピンチヒッターを務めることになり、曽根教授とうち合わせ。
ここで一段落。

もちろん、こんな時でもお昼ご飯はつくる!!。
いただき物の佃煮をおいしく食べるためと、ごちそう三昧で疲れた胃腸を休めるために
「おかゆのいろいろ乗せ」(昆布と、いりこ出汁のおかゆ)と
野菜(ダイコン、筍、にんじん、新たまねぎ、豚肉)の炊き合わせ(いしり風味)にする。
昆布・まぐろの佃煮、梅干し、しらす、ダイコンおろし、納豆味噌、能登の昆布など、
すこしづつ、いろいろ乗せて食べたので「わんこおかゆ」みたいになってしまった。


b0014003_14274795.jpgb0014003_14275946.jpg
b0014003_14281077.jpgb0014003_14282280.jpg
b0014003_1428389.jpgb0014003_14285069.jpg

さて、住宅特集5月号の構成のチェックが今日中(泣)、
明日からの山長ツアーのパワーポイントと
資料の準備と琉球新報コラム「南風」の原稿締め切りが今日ということに気づき
タイトルだけ決めておいた(笑)・・・夜、ゆっくり書こうと思う。
あちこち旅館巡りしたので「俵屋」を中心に旅館の話にしようと思う。

どたばたで綱渡り状態なのだが
明日の紀州(一足先に行っています)・・・クエが楽しみ(笑)。






twitterやっています。
紀州・山長商店を訪ねるツアー 伊礼智・住宅設計講座付き(プロ向け)
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-04-05 14:33 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/13103594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2010-04-05 16:27
旅芸人建築家:伊礼智という肩書が似合いそうですね。
そう言えば、恩師丸谷博男さんも、元祖旅芸建築家でしたね。

町から町へ、住宅に困った人たちを助けては風のように去っていく、渡り建築家とは伊礼智の事だぁ!
Commented by satoshi_irei at 2010-04-05 18:15
迎川さん
丸谷さんは本当に人並みはずれた馬力があったので
ずっとやっていられたと思います。
旅も、現場もいいのですが・・・・ぼくは事務所で設計を詰めていたい方です。



<< 明日から紀州・山長を訪ねるツアー 途上採取 輪島の次はシベリア >>