宮脇賞・・・無事終了


土曜日は居住コースの一大イベント宮脇賞の審査。
長い1日でした。
午前中、100近い作品の中からそれぞれ10点をセレクト、
得票の多い上位20点を2次審査へ送り込み、公開審査とします。

毎度のことながら、1次審査で多くの得票を得たとしても
それが必ずしも宮脇賞とはならない・・・公開審査には魔物が棲んでいます。

議論と最終投票の末、2年生の住宅課題が大逆転で宮脇檀賞に輝きました。
昨年も宮脇賞を取った学年です・・・2連覇。
この勢いで4連覇をやってのけそうな奴らです。


b0014003_14594367.jpgb0014003_14595566.jpg
b0014003_150672.jpgb0014003_1501917.jpg
b0014003_1503171.jpgb0014003_1504376.jpg
b0014003_151134.jpgb0014003_151151.jpg
b0014003_1512867.jpgb0014003_1514068.jpg

写真は1時審査で票を入れた作品・・・お疲れ様でした。
どれも興味を引かれるものでした。

今回のゲスト審査員は栗生明さん(建築家・千葉大学教授)。
講評のまとめとして
*コンセプトにとらわれすぎると空間がやせる。
*鳥の目と虫の目を持て。
*周辺環境との関係、地面との関係をおろそかにするな。
*現実の条件から逃げるな。
というアドバイスをいただきました。

コンセプトだけにとらわれず、手を動かして具体的な空間のデザインをし、
廻りとの関係(社会・環境)をよく考えて設計を詰めろ・・・ということでしょうか。

ついでに先生方にもアドバイスをいただきました(笑)
*学生を否定せず、自分のトレーニングだと思って、
できる限りアドバイスせよ!
ということでした・・・耳が痛い!!(笑)



建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-01-11 15:15 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/12650841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 最近のお昼ご飯 外に拡がる住まい 見学会終了 >>