禁じ手3
月曜日は居住コースの授業。
1年生の課題「水辺のセカンドハウス」の追い込みです。
締め切りまで後3週間、今日の模型の出来を見ると期待ができそうです。
ただ、出来具合がずいぶんと学生の間で開いてきました。

がんばって考えてくれているのかも知れませんが
どうも小さな事にとらわれがちな人が多い。

今日も、この別荘のテーマは「アロマ」です。
と発表した学生がいて、よくよく発表を聞いてみると、
そのアロマは3帖ほどのソトのデッキに出ると森の香りがする・・・ということでした。

これは建築で表現するには難しい。

即、今回は、「アロマ、禁止!!」とさせていただきました(笑)。
今はそんなことにとらわれている場合ではない(笑)。

自分の興味、テーマが、
建築に、空間に、山荘自体の魅力に昇華されていないのです。
建築化出来ないことはやらない方がいい。
こちらは評価しない!との表明です。

まず、コンセプトの捉え方がうまいかどうかがこの課題の分かれ道です。
形に出来ないテーマは避けてもらわねばなりません。
提出するものの中でどれだけ自分の設計の魅力を伝えられるかです。
1/100の図面と模型で効果的に表現できる事・・・
そんなところがまだまだ1年生にはわからないのでしょう。

来週は学園祭で授業は休み・・・
しかし、ここは授業を強行し、完成度を高めることにしました(笑)。






伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
伊礼智の住宅設計作法 各店の在庫状況
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
10月31日 浜松にて講演会
伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2009-10-26 20:42 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/12206786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nakanokeiichi at 2009-10-26 20:58
家のリビングの中心に たとえば囲炉裏の替わりにハーブ(アロマ)ガーデンがあるのはOKかも・・・と 思うのですが。
Commented by satoshi_irei at 2009-10-26 21:29
nakanokeiichiさん
中庭という、それも魅力的な空間に繋がればいいのですが
それがハーブだからということで
それだけで魅力的な空間にはならないと思います。
単に趣味の話は末梢的な事だと思います。
Commented by nakanokeiichi at 2009-10-26 23:07
なるほど  Live greeen tower が中庭に峻立して小部屋がそれを取り囲む のような考えですか?
  すみません チャットみたいになってしまって・・・
Commented by satoshi_irei at 2009-10-27 09:50
特に中庭ということではないのですが・・・(笑)
Commented by meiko.soga at 2009-10-28 01:35 x
建築関係者ではなく、建ててもらう側として、いつも興味深く読ませていただいています。家は趣味の最たるものですし、物語のあるイメージに、人は惹かれるものだと思います。何より、女性はちいさいことにこだわる、という一般化には反発します。多くのケースで家の決定は、女性の意見が強く出ると思いますが?それを小さい事にこだわりすぎると思われるのであれば、それは男目線でしかない家のでは?
Commented by satoshi_irei at 2009-10-28 11:27
meiko.sogaさん
おっしゃることはよくわかります。
ぼく自身、おばさんぽっいと言われますから(笑)・・・
実務では細かいことにエネルギーをっけるタイプだと思います。
実務ではとても必要なことですが
大事なことは課題に要求されていることに答えているかどうかです。
小さな事にとらわれすぎるあまり、より大事な事、それ以前に考えるべき事がおろそかになること、つじつまがあわなくなるのは、実務の上でよくあります。

両方の目線からより良い提案をする、
両方の目線を身につける訓練だと思います。
彼女たちはこれからプロになるのですから・・・。




<< 「伊礼智の住宅設計作法」増刷い... TOKYO URBAN LI... >>