「子どもたちに伝えたい家の本」シリーズ 再刊か?
b0014003_184991.jpg


「子どもたちに伝えたい家の本」シリーズが再刊されるかも知れないとのこと。
真壁智治さんによる企画・構成・監修で既に25巻発刊された。
日本を代表する建築家(ぼくを除く)が
それぞれのテーマで、子ども達に向けて書いた絵本である。

建築界では話題を呼び、
ぼくも大御所達に混じって(どさくさで・・・笑)
第1回配本組として「オキナワの家」を出させていただいた。

「オキナワの家」は朝日新聞が書評で取り上げていただいたこともあり、
また、沖縄好きの一般の方々が手にしてくれたらしく、よく売れた。

ところが建築のコーナーに置かれていると
どうしても一般の人たちの眼に触れない。
シリーズ全体の売れ行きがかんばしくなく、
25巻出たところで打ちきりとなっていた。

おかげで今、在庫がないまま・・・増刷未定状態である。
オキナワの家 中古品はプレミアムがついて定価よりちょっと高い(笑)。
この度、真壁さんのねばり強い努力のおかげで
再刊計画が浮かび上がっているらしい(ご本人 談)。

26、塚本由晴、貝島桃代
27、藤森照信
28,西沢立衛
29,篠原聡子
30,早川邦彦
31,手塚貴晴・由比
32,乾久美子
33,内藤廣
34,阿部仁史
35,石上純也
36,磯崎新
37,難波和彦

真壁さんならではの豪華なメンバーである。
是非、このシリーズの復活を実現していただきたい。

ついでに、「オキナワの家」の増刷もお願いです(笑)・・・
もう少し売れるような気がする(笑)。

*「伊礼智の住宅設計作法」は増刷の予定です。
  アマゾンにてご迷惑おかけしておりますが、もうしばらくお待ち下さい。



伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
伊礼智の住宅設計作法 各店の在庫状況
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
10月31日 浜松にて講演会
伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2009-10-21 18:06 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/12174816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ame-no-michi at 2009-10-21 18:28
この絵本のおかげで伊礼さんと出会うことができました。
真壁さんに感謝です。
26巻以降も楽しみですね。
Commented by satoshi_irei at 2009-10-21 18:52
100までそろえたい・・・と真壁さんは言っていました。
ライフワークですね。いい仕事です。
オバマがノーベル賞もらえるのなら、
真壁さんには建築学会賞、上げたいですね(爆笑)
Commented by tokyomachiya at 2009-10-22 00:56
100番目は永田さんがリーチしています。
伊礼さんの住宅設計作法、高島屋の即売会始めた所で高島屋側から待ったがかかり中止しました。
だから本は余っているので、増刷しないでください。
プレミアが付いたら売ろうと思います。(笑)
Commented by satoshi_irei at 2009-10-22 09:39
迎川さん
東京町家の手ぬぐい付で、3000円くらいでどうでしょう(笑)
Commented by けやき at 2009-10-22 11:02 x
 こんにちは。親の立場で言わせていただきますと、児童書のコーナーにあった方が手に取りやすいと思います。
 建築(住まい)に興味を持ってもらいたい、裾野を広げたいという趣旨のシリーズだとおもいますので…。
 とはいえ、売り方までは関与できないのでしょうか?
Commented by satoshi_irei at 2009-10-22 11:39
けやきさん
どのコーナーにおいていただくか?というのは
書店次第なんでしょうね?
内容は
小学校5年生くらいを対象に文章も漢字も校正が入っています。
子供にもわかりやすいことはもちろんですが、
プロが読んでも十分な内容だと思います。
大学の授業でも使えると思います。

一番は入り口近くで平積みがいいのでしょうけれど(笑)
建築家はなかなか知られていないので無理でしょうね。

Commented by oonuma at 2009-10-22 14:53 x
以前図書館で借りて(スミマセン)読みました。打ち切りになっていたのですか。知りませんでした。増刷になったら買います!
こういった本が普通に売れ、より多くの人に読まれるようになったら、われわれ日本人の家に関する考えも少しずつ変わっていくような気がします。
そして街並みも変わっていくと思います。
Commented by satoshi_irei at 2009-10-22 16:03
大沼さん
読んでいただきありがとうございます。
増刷はしないように思います。
おそらく発行元が変わるのではないかと思います。

でも、全部買ってそろえると財産となると思います。
Commented by もちもち at 2009-10-22 21:28 x
はじめまして,お邪魔いたします。
なんとか増刷されないものでしょうか。読みたくて読みたくて…
手元に置いて好きなときにいつでも読めたらいいなあと思います。
いつか子どもにも(まだですが(笑))見せてあげたいです。
Commented by satoshi_irei at 2009-10-22 21:32
もちもちさま
ありがとうございます(泣)。
ぼくにはどうにもできませんが、真壁さんに相談してみます。



<< 東村山の納豆専門店(黒豆の納豆) LEDの色味がちょっと・・・。 >>