台割
昨日は今取り組んでいる「小さな家プロジェクト」の打ち合わせ。
午前11時からスタート、
お昼を挟んで5時前までびっしりスケジュールが組まれています。
(その後はもちろん終電近くまで飲み会)
こんなに忌憚なく意見が交わせる場も珍しい。
みんな、世の中変えるつもりの意気込みだ。

住宅を建築家がプロダクト化しリリースできないか?というプロジェクトです。
建築の巨匠コルビジェは昔、「住宅は車のように供給されなければならない」と
言ったらしい(直接は聞いていませんが・・・笑)。
建築家は誰しもそんな野望を抱いて挑戦し、みんな敗れた。

前川国男さんも「プレモス」というプロダクトを、戦後展開した(1000棟出した)が
ある車のメーカーの社長さんとけんか別れとなり、それ以降の展開はなかった。

今、プレカット工場、cadシステムの進化に加えて、社会情勢(不況など)、が
建築家の考える住宅のプロダクト化を支える域に達した・・・
そんな時代となったと思います。

そのプロダクトを展開するためのコンセプトブックの「台割」(全体像)がほぼ確定した。
3月には店頭販売となる予定です。

翌日、別の出版物の打ち合わせ。
日大の居住コースで進めている「眼を養い、手を練れ」の第2弾、
「集まって住む」の「台割」の打ちあわせ。
台割続きです・・・。

台割と言うのは全体の構成・・・
8ページの単位(16ページ?)で構成されます。
16ページ、32ページという具合にレイアウト、
着色など構成を考えながら詰めていきます。
もちろん、それに縛られるわけではありませんが、
モジュールをはずすとコストに影響してきます。

台割・・・台本みたいなものですね。
(それともただの目次か?・・・いや、それ以上のものだと思えました)
その本の構成(コストや配色などを含めた全体像)です。

前者の本は台割から作業を進め、
後者は作業を進める中で台割をまとめました。

前者はプロが仕切り、後者は僕ら素人がいじりながらやってきたものです。
ずいぶんとかかった時間が違いますがどちらも楽しい本となるでしょう。
追い込みです・・・いつものことですが。




伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
兵庫で住まいのセミナーのご案内
伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2009-10-16 21:21 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/12143499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nakanokeiichi at 2009-10-16 22:44
住宅のプロダクト化
 すみません 素人で    住宅の建築をハーフビルドがプロダクトで
残りの仕上げをオーダーメイドに分けて 業者も設計も二つに分割したらダメなんでしょうか? 骨組みと屋根だけの町を作って 別の者がそれぞれ仕上げてゆくような?
Commented by satoshi_irei at 2009-10-16 23:22
それは「木造ドミノ」の分野です。
建築家の野沢正光さんのプロダクトです。

そのようなプロダクト化もあります。
ぼくのやろうとしていることが車のように・・・
に近いと思います。
売れないと思いますが(爆笑)

Commented by tokyomachiya at 2009-10-17 17:50
「木造ドミノ」のプロダクト化は、プリウスのシャーシを自動車メーカーあてに販売し、光岡自動車のような会社が、自分のイメージでスポーツカーでもワゴンでもRVでも載せれば良いと思います。

プロダクト化した方が良い部分としない方が良い部分があると思います。
そのあたりの整理が必要ですね。
Commented by satoshi_irei at 2009-10-18 10:12
迎川さん
開発者の普段の仕事(価値観)の延長戦上で開発すると言うことも重要だと思います。

その上で
プロダクトだからできることを見極めることでしょうね。


<< 東京の駅弁 浜松にて講演会のお知らせ。 >>