禁じ手
月曜日は居住コースの1年生の授業。
後期はいよいよ具体的な設計課題が始まる。

今回も「水辺のセカンドハウス」を出題。
富士五湖の湖に面した架空の敷地に小さな別荘を計画します。

シルバーウィークの間の宿題として、自分が共感できる事例をA3にまとめてくること、
設計のコンセプト、エスキースを、同じくA3にまとめて発表する。
加えて、敷地の模型をつくってくることでした。

設計事例をひとりづつ発表してもらったのですが、
自分のこれからの設計に繋がることなので
できるだけ、その事例のコンセプトを引き出すような講評をする・・・
伝わったかどうか?

ティーチングパートナーの中山繁信さん
1年生ということもあって、
恒例の設計の具体的な考え方を解説します。

今回、その中で「禁じ手」を出した・・・「安易なデザイン」を封じるためです(笑)。
別荘だからといって、丸い石で囲いこんだような露天風呂をつくるな(笑)。
掘りごたつ禁止(爆笑)・・・便利なもの、極楽設備はダメ!!。
デッキの手すりに「たすきがけの桟」を付けるな!!(ありがちですね)・・・
むしろ手すりはなしで行く!!
ログハウスは禁止(笑)・・・など。

1年生、それも女子が陥りやすい安易デザインを封印させていただきました(笑)

加えて、空間に反映されない、図面に反映されない素材の話をしないように!!
とぼくは念を押した・・・「無垢の木でできていてぇ〜」とか・・・。

その敷地の環境とどう応答するか、
どのような滞在の仕方をするのか、そこから面白く、楽しく、建築化して欲しい。
「湖」と「森の木」と傾斜の付いた「グランドレベル」に
どのように応答した案を考えるかだけでもいいのかも知れません。

来週・・・がんばれ!
期待して、早起きして行きます(笑)。




伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
兵庫で住まいのセミナーのご案内
伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2009-09-28 18:41 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/12024582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nakanokeiichi at 2009-09-28 18:50
ツリーハウスも禁止  では。
Commented by satoshi_irei at 2009-09-28 19:22
nakanokeiichiさん
それも取り入れたいと思います。
設計というよりも「手わざ」に近いので
1年生には向かないですよね(笑)
Commented by yui-arc at 2009-09-28 20:00
禁じ手だけでできた別荘って案外多いかもしれませんね(笑)
Commented by tokyomachiya at 2009-09-28 20:19
僕が学生時代、坂本一成さんの禁じ手は「プレゼンで形容詞を使うな!」でした。
形容詞は主観が強すぎて時間と空間を越えられないから。
たとえば「大きな部屋」は○㎡の部屋あるいは○㎥の部屋(どちらかというと後者が望ましい)と表現する。
大きい小さいは、その人の空間経験により違う。
20㎡の部屋は、広いか狭いか・・・。
感性が優先する今の子たちに、形容詞の無いプレゼンができるか?
試してみると面白いよ!
Commented by satoshi_irei at 2009-09-28 20:44
yui-arcさん
現実の山荘はそんな感じでしょうね!
そこから、どれだけ違う世界で設計できるか・・・
1年生だからこそ、そうしたいと思います。
Commented by satoshi_irei at 2009-09-28 20:48
迎川さん
「カワイイ」を封印するか?ですか?(笑)
写真の雰囲気が気に入って・・・とか多かったですね。
説明ができない人は作家として弱いと思います。




<< ゴーヤーの逆襲 明日は「しずおか木造塾」 >>