小さなものの中に大きなものを入れる
b0014003_19439.jpg
b0014003_1941223.jpg


新建築・住宅特集10月号に
那珂湊の家が掲載されます。

掲載用の図面や論文をまとめているところです。
この家は写真で見るとオーソドックスに見えるかも知れません(地味には違いない・・・笑)
小さな空間と大きな空間、天井の低い空間と高い空間、
暗いところと明るいところを
入れ子のように交互に組み合わせて組み立ててみました(完璧ではありませんが)

住まい(小さなも)の中にどこか「町」歩きをしているような
感覚(大きなもの)が持ち込まれると、
あるいは、落ち着きの中に変化(アクティビティ)があると
気持ちいいだろうと思いました。
そんな住まいに惹かれます(笑)。




伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
兵庫で住まいのセミナーのご案内
プラス経営主催 設計講座のご案内・・・3人ほど受付可能です。
伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2009-08-16 19:02 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/11738574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2009-08-16 23:21
>住まい(小さなも)の中にどこか「町」歩きをしているような・・・

坂本一成さんの水無瀬の町家を初めて見たとき、全くそんな感想を持ちました。
Commented by satoshi_irei at 2009-08-17 09:16
実はその話にふれているのですよ。
あんな小さな家に大きな感覚(町)が内蔵されているのは
実物を見るまではさっぱりわかりませんでした(笑)
あれほど効果的には表現できませんが・・・。



<< 建築知識9月号 伊礼智の住宅設計作法・帯は戦略... >>