世田谷の家 撮影
トステムの設計コンクールサッシュ部門で
金賞をいただいた世田谷の家の撮影。
トステムの広告がらみで建築知識に掲載される。
オープンウィンを木の戸袋の中に引き込み、木建て風に見せている。
開けたとき、アルミサッシュが消えることが評価された(笑)。

竣工して半年・・・木々もずいぶん馴染んできた。

b0014003_18441552.jpgb0014003_18443150.jpg
b0014003_18444993.jpgb0014003_1845333.jpg

開口部の特集になるので
開口部周りを撮って終了。

都市の中で開くとき、安心して守られたところに、狙い澄まして開く・・・
そんな感じではないか。
開くところを守る・・・あるいは閉じつつ、開く。

そんな矛盾した命題が都市の中の住まいのテーマだと思います。

b0014003_18463054.jpgb0014003_18482172.jpg
b0014003_20182844.jpgb0014003_20184656.jpg

カメラマンの横でこちらは相変わらず
小さな風景を撮ってみた(笑)


設計:伊礼智設計室(伊礼智 船津絵美)
施工:相羽建設


小さな家のシンポジウムのご案内
伊礼智設計室プロフィール
by satoshi_irei | 2009-06-10 18:55 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/11225326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2009-06-10 20:15
横でちょろちょろ何撮っているのか、カメラマンは気になったでしょうね。
Commented by satoshi_irei at 2009-06-10 20:25
カメラマンは段取り良く、片付けながら迷いなく
レイアウトしていくという慣れた方でした。
ナカサアンドパートナーズの出身と言うことで納得(笑)
Commented by Ryo Iida at 2009-06-10 21:45 x
ご無沙汰しております♪

@開けたとき、アルミサッシュが消えることが評価された。
 →売り手側としては結構な議論を交わしたのでしょうね(笑)
Commented by satoshi_irei at 2009-06-10 22:05
永田さんらしい判断です・・・読み通りでした(笑)



<< 受け継ぐもの・・・ つかみ本 >>